スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    1月31日のカード!

    今日のカードはこれだっ!


    《憤怒の騎士 アグラヴェイル》
    20130131.jpg

    当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータ
    ルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。
    該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。
    (C)bushiroad All Rights Reserved



    ブースター第6弾『極限突破』にて登場した『ゴールドパラディン』のカードです。
    元シャドパラであったが、奈落竜およびブラダーがいなくなったシャドパラが意味不明軍団になったのでゴルパラに転職したかしこい人。
    英雄たちを解放したい理由が、戦いたいからという困った人。
    何故かフレーバーがしとけや。
    これぐらいにしとけや。

    能力について
    『ゴールドパラディン』におけるメガブラスト能力の持ち主。
    ソウルチャージした時の能力は簡単ながら、扱いやすいパワー+2k

    パワー+2kされることで毎ターン単体で12kアタックが可能になります。8kブーストで20kのパワーラインを作ることも。
    不確定ながら10kブースターである《小さな闘士 トロン》が存在するので22kを作ることもできます。

    メガブラストを行うとリアガードのゴルパラの枚数×1kパワーが上がります、永続で。
    テキスト通り『あなたのターン中』という記述がどこにもないので、発動すれば相手ターン中でも最大パワー15kを誇るヴァンガードになります。
    13kの防御力を超える防御力を得ることができます。

    15kに10k要求するには20kのパワーラインを作らなければなりません。
    『エクス互換』を使えば難しくはありませんが、常に作ろうとすると難しいと考えられます。
    つまり、リアガードのアタックを大抵5kでガードできるようになります。

    さらに☆+1の効果もあるので常に☆2のアタックが可能になり、Vのアタックのため相手は何が何でもガードしなければなりません。
    ただパワー最大15kであり、適当なブーストをつけるだけで20kを突破してしまいます。
    完ガがあれば、それを使われてしまいますが、なければ相手はかなりの枚数ガードに使わなければいけなくなります。

    『発動できれば』かなり強力といえるカードでしょう。

    デメリット
    かなりいい事書きましたが、全て『発動できれば』です。
    発動は、構築の段階から狙わないと難しいメガブラスト。
    自身のソウルチャージ能力がありますが、ライドしてから6ターン(FVが移動したとして)は非常に長くそれまでに基本的に勝敗がつくかと思われます。
    発動できたとしても、やはりこの効果はこのカードにライド後早急に発動させたい効果です。

    ソウルをためる手段が『ゴールドパラディン』には少ないのが最大の欠点です。
    ・《紅の小獅子 キルフ》により《灼熱の獅子 ブロンド・エイゼル》へのスペリオルライドによるソウルの増加。
    ・《フレイム・オブ・ビクトリー》や《ルーンバウ》などのソウルインして効果が発動するカードの使用。(ルーンバウはCB使いますが)
    ・《くーんがる》(Gからドロップゾーンに置かれたときこのカードをソウルに置く能力持ち)

    などしかありません。

    ソウルチャージを手助けするために他のクランのカードを投入するのも手ですが、このカードのメガブラスト発動後のパワーアップに必要なリアガードはゴルパラでなければならないのでそれも少々難しいところ。
    よく言えばデッキ構築のしがいのあるカード、悪く言えばロマンカードって感じです。































    ゴルパラがもうちょっとメガブラストしやすいなら救いようがあったのにねー。
    スポンサーサイト
    [ 2013/01/31 18:28 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    1月30日のカード!

    今日のカードはこれだっ!


    《大望の宝石騎士 ティファニー》
    20130130.jpg

    当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータ
    ルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。
    該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。
    (C)bushiroad All Rights Reserved



    ブースター第10弾『騎士王凱旋』で登場する『ロイヤルパラディン』のカードです。
    「宝石騎士」では規律違反しても先輩騎士に叱られるだけで済むようです。
    よし、全力で違反しよう!

    能力について
    『ロイヤルパラディン』の新たなファーストヴァンガードとしてデザインされたカードです。
    と言ってもロイパラというより「宝石騎士」だけど。

    5kという扱いやすいブーストパワーを持っています。
    序盤から中盤までのブーストは任せられるパワーでしょう。

    加えて、リアガードを2枚までパワー+3kできる能力を持っています。
    リアガードの展開能力が高いロイパラであり、「宝石騎士」はその枚数を参照するカードが多いので自然とリアガードに「宝石騎士」が並ぶと考えられます。

    同じ縦列の前列と後列にそれぞれパワーアップ効果を与えた場合、そのパワーラインは6k上がったことになり相手により多くのガードを要求できるでしょう。
    リアガードとしてコールした《純真の宝石騎士 アシュレイ》や《導きの宝石騎士 サロメ》にパワーアップ効果を与えた場合、14kや13kと前列としては十分なパワーを備えることになります。
    《友愛の宝石騎士 トレーシー》に効果を与えた場合、トレーシーの効果が発動していると単体で15kアタックが可能になり非常に強力。

    このカードのパワーのブーストが不足だと感じた場合、味方をパワーアップさせつつリアガードサークルを1枚空けられるので扱いやすいFVと言えます。

    デメリット
    リアガードと指定されているのでVにはパワーアップ効果を付与できないのが唯一のデメリットといえるでしょう。
    しかし、「宝石騎士」のグレード3のアシュレイとサロメはいずれも、アタックした時にパワーが上がる効果を持っているので些細なデメリットでしょう。

    このカードで空いたリアガードサークルの縦列を強化が3kしか強化できない点。
    これも些細なことでしょう、3kで十分ですし、2つのリアガード縦列に3kずつアップさせたほうが強い場合のほうが多いだろうし。


























    ヴァンガードって小柄で大型の武器振り回してる子が多い気がする。
    [ 2013/01/30 23:59 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    1月29日のカード!

    今日のカードはこれだっ!


    《伏竜の抹消者 リンチュウ》

    20130129.jpg

    当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータ
    ルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。
    該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。
    (C)bushiroad All Rights Reserved



    ブースター第10弾『騎士王凱旋』にて登場する『なるかみ』のカードです。
    人と竜の間に生まれたドラゴンのクォーター。
    少年時代から多くの武勲を立ててきたエリート君。
    才を持て余して戦いへの意欲を徐々に失いつつありますが「伏竜」は未だ羽ばたかぬ竜を喩えた言葉。
    いずれ、飛び立ち眠れる才に火が灯る日は近い。
    ……進化系でも出るんだろうか。

    能力について
    先駆を持っているので『なるかみ』の新たなファーストヴァンガードとしてデザインされたカード。

    抹消者をブーストしたアタックがヴァンガードにヒットした時、相手のグレード1以下のユニットを1枚退却させることができます。
    コストはCB1と自身のソウルイン。

    グレード1を退却させるというのは、ほぼ後列のブースト役ユニットが対象になるかと思います。
    前列も考慮して退却させるユニットを選びたいところ。

    具体的には前列のユニットと合わせることでこちらのVへパワーラインを形成している後列。
    または、ブースト時何か特殊な効果を持っている後列(ういんがる・ぶれいぶなど)
    ただ単純に起動効果が強力なグレード0~1ユニット。

    序盤から発動可能能力なので、相手は後列にあまり気軽にユニットを置けなくなります。
    置いた場合は常に、ヒットされたら退却させられてしまうかもしれないと、ガード強要力があります。

    デメリット
    『抹消者』をブーストしなければならない点。
    このカード自体も『抹消者』なのでデッキ構築の段階からこの点は問題ないと思われますが。
    効果自体は既存の《リザードソルジャー サイシン》のほぼ上位互換なので、『抹消者』以外のなるかみでは使用しづらいのは惜しいですね。

    結局自分もグレード0を1枚失っている点。
    CB1も含めると2枚失って、相手にも1枚失わせているので実質はこちらが損しています。
    と言っても常にブーストしていられるほどパワーが高いわけでもありませんし、割りきって効果を使用する時もあると考えられます。
    何よりブーストパワーが比較的高めな『なるかみ』にとってただの5kブーストも物足りない感があります。

    シズク互換の存在。
    FVに選択するとして『シズク互換』の存在があります。
    同じコストでパワーが1k低いものの
    ・能動的に場からいなくなれる(他のブースト役を手札から置くスペースを自分で作ってくれる)
    ・場は1枚損しているが、グレード3の回収に成功すると自分の枚数消費は抑えられる。(それでライド事故回避ができた場合、かなり大きいアドバンテージになります)
    など、このカードと比較しても引けを取らない利点があります。

    ブーストパワー4kは明らかにパワー不足であり、シズク互換は使えなければ上書きするしかないという欠点はありますが。
    このカードのようにガード強要力もありません。

    『抹消者』で固めるデッキは今のところFVを『抹消者』にする必要はないので、使いやすいものを選択すればいいと思います。




























    ともあれサイシンの上位互換なのは否めないよなぁ。
    [ 2013/01/29 21:28 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    1月25日のカード!

    1月25日の今日のカードはこれだったぁ!!


    《ブラスター・ケロロ・ダーク》
    20130125.jpg

    当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータ
    ルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。
    該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。
    (C)bushiroad All Rights Reserved



    ケロケロエースの付属カードで登場した『エトランジェ』のカード。
    ユニット設定は書かれていない変わりもの、まー完璧にコラボカードだしね。
    ケロロ軍曹とブラスター・ダークとのコラボ(言うまでもないか)

    能力について
    自分のリアガードが相手のリアガードの数よりも少ないならバトル中のみ11kアタックが可能です。
    序盤、相手に展開された場合などは効果の発動が期待でき、序盤11kでアタックしつつ、いらなくなったらインターセプトでいなくなれるといった具合。

    というよりそれが現実的な使い方ですかね。

    名称『ブラスター』を持つのでそれらの各種サポートを受けることができます。
    具体的には

    ・《スターコール・トランペッター》からのスペリオルコール。
    ・Vに置いた時《忠義の騎士 ベディヴィア》や《友誼の騎士 ケイ》、《虚空の騎士 マスカレード》などのパワーアップ。
    ・《ういんがる・ぶれいぶ》がブーストした時の効果の発動。
    ・《アポカリプス・バット》による10kブースト
    などなど。

    コラボカードであり、使い方がないわけではないですが、厳しいですね。

    デメリット
    上述したサポートを受けることはできても、このカード以上にシナジーするカードは多数あります。
    本家ブラブレやブラダーはもちろん、ブラブレスピリットなど、それらを差し置いてこのカードを投入するというのは完全に個人の好みですね。

    ただ《ういんがる・ぶれいぶ》を使用する『ブラスター』のデッキではない『ロイヤルパラディン』なら採用の余地はギリギリあるかなと思います。
    ういんがる・ぶれいぶによって前衛をサーチできます。
    《ブラスター・ブレード・スピリット》でいいじゃん?と思う方もいると思います。
    実際にそのほうがいいと思います。

    ただブラブレスピリットはどんなパワーの相手にアタックされても退却してしまうのでインターセプトする前に退却させられてしまう場合が多々あると思います。
    Vに来るアタック一回をRに誘導できたと捉えることもできますが、10kアタッカーを失っているのでやはり少々損な感じがします。
    このカードはそんなことがないので、考えようによってはこちらのほうがいいと考える方もいるのか……なぁ?



















    ケロAフラゲまとめに疲れて金曜日に書かず、土曜日書こうと思ったらインフルエンザで死んでました。
    [ 2013/01/28 22:45 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    1月28日のカード!

    今日のカードはこれだっ!


    《抹消者 ガントレッドバスター・ドラゴン》
    20130128.jpg

    当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータ
    ルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。
    該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。
    (C)bushiroad All Rights Reserved



    ブースター第10弾『騎士王凱旋』にて登場する『なるかみ』のカードです。
    『壊し屋』で生計を立てるなるかみの狂戦士。
    その肉体的な強さのみを買われて帝国より『抹消者』の称号を授かった。
    肉体的な強さは真の強さではない、心の強さが真の強さだっ!
    と主張する奴を正面からぶん殴るのが人生の楽しみのようです。

    ガントレッド(ガントレット)とは
    ヨーロッパなどの甲冑の一部で、手を防護するために着用する手袋状の防具。前腕部も覆っていることが多い。籠手。(Wikipediaより引用)
    腕を突き出しているイラストなので恐らくこの意味かと思われます。

    能力について

    今まで『ヴァーミリオン』以外チグハグな感じだった『なるかみ』がファイター達に放った本気第一号。
    パワー上昇効果と☆増加効果をあわせ持つリミットブレイク!と、相手依存とはいえ自身のリミットブレイク!と抜群のシナジーを誇る除去効果を持っています。

    リミットブレイク!はお互いのターン、およびタイミングを指定していないので、カード効果による退却ならばバトルフェイズだろうが、メインフェイズだろうがいつでも発動します。
    さらに効果は重複すると考えられるので、《抹消者 ボーイングソード・ドラゴン》のブレイクライドなどと合わせて使用すると凄まじいパワーと☆を得ることもできます。

    このリミットブレイクが発動する頃は相手のダメージも3~5になっていると考えられます。
    相手のガードや自分が発動させるトリガー次第では一気にゲームが終わる可能性もあり非常に強力。

    素のパワーが11kなので、3k上がるだけでパワーは14k、ただ8kでブーストするだけで合計パワー22kと十分なパワーを発揮します。
    『抹消者』には10kブーストである《真火の抹消者 コウガイジ》が存在するのでそれでブーストすれば24kと、相手が13kVであっても最低15kガードも要求することができます。

    このカードには同弾収録の専用ブースト《雷拳の抹消者 ドウイ》が存在するのでそれを使用すれば25kの圧倒的パワーを得ることができます。
    11k以上の相手には24kと変わらないパワーラインですが、相手のVが10kの場合、この高パワーが相手に与えるガード要求値は相当なものとなります。

    『リミットブレイク!で☆を増加してもすでに相手のダメージが5の場合、ダメ押しなのであまり意味がないのでは?』と考える方もいるかもしれません。
    しかし、ダメージが3や4の場合は意味があります。
    ダメージが4の場合、もし相手がこちらのトリガーが2枚で貫通するようなガードをしてきた場合、貫通すると一気に6点まで持っていくことができます。
    この貫通に☆トリガーが必要ないのがメリットです。

    相手のダメージが3点の場合、このカードの☆増加+☆トリガーの発動が、6点に追い込むには必要なので、さすがにここまで来ると運です、事故死でしょう。
    重複発動する場合は一気に3点与えられる可能性があるのでその場合は事故死ではありません。
    むしろ、☆が2増加しているVのアタックを2枚トリガーじゃ貫通してしまうガードをしたら、貫通させて3点殺しを積極的に狙いたいところです。

    重複発動している場合☆の増加ばかりに目が行きがちですが、パワーがブーストなしで17kになります。
    8kブーストで25k、10kブーストで27k、11kの専用ブーストで28kと、それぞれ10k、12k(11k)、13kに対して最低20kガードも要求できます。
    相手からすれば完ガを使わざるをえない攻撃と言えます、完ガがない場合かなりの手札消耗を狙うことができるでしょう。

    除去効果は相手が自分のリアガードを選んで退却させるので狙って退却させることができないのが惜しいところ。
    しかし、効果で退却させていることに変わりなので、上述したリミットブレイク!の発動条件を自身で満たすことができます。
    なので相手への妨害効果ではなく、このカードのリミットブレイク!を発動させる効果を捉えたほうが潔いかもしれません。

    コストが『抹消者』のエスペシャルCBではありますが、『抹消者』のグレード2・10kや完ガも登場しているのでデッキを統一するのは難しくないと思います。
    そうなればあってないようなものでしょう。

    盟主はどうでもいいでしょう。

    デメリット
    《抹消者 ボーイングソード・ドラゴン》のブレイクライドやこのカード自身の効果以外でリミットブレイク!の発動条件を満たすのが少々難しいということですね。
    ブレイクライドの場合、コストもかからず発動ができるので一番お手軽かつ強力な方法です。

    このカードの効果で相手のリアガードが1枚でもあれば発動条件を満たせるので些細なことですが。
    確定で相手のリアガードを退却できる『なるかみ』は

    ・《ドラゴニック・デスサイズ》
    ・《ボルテージクロー・ドラゴン》
    ・《抹消者 ソーサーカノン・ワイバーン》
    などです。
    前者2枚はコストがCB2でこのカードとほぼ同コストです。
    後者1枚はコストはこのカードよりも軽いですが、パワーが同グレードのデスサイズよりも1k低く、コストが少ない代わりに相手がドローしてしまいます。
    どれも登場時1度しか使えません。

    不確定な退却効果ですが複数回発動できるものとして《暗殺剣の抹消者 スウセイ》がいます。
    アタックがVにヒット時とダメージがかさんで来る終盤は発動できないのであまり相性はよくないと言えます。
    複数回発動可能ではありますが、CBが2だったり、パワーが8kだったりと、デスサイズのほうが使いやすいと言えてしまうでしょう。


    本気第二号はもちろん、オバロブレードを引っさげて登場したアイツです。



















    土日はインフルエンザにかかり更新できませんでした。
    金曜日(1月25日)の今日のカードもレビュー書きますが後日書いたものとなります、ご了承ください。
    [ 2013/01/28 22:21 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    【1月ケロAフラゲ情報】ノヴァグラップラー、なるかみ【PR情報もあるよ】

    本スレやTwitterにて画像付きケロAフラゲ情報が来ましたので取り上げたいと思います。

    全て画像確認済みです。
    また、濁点や半濁点、漢字など、画像ソースが小さく間違っている可能性がありますのでご了承ください。
    追加があるかもしれません。
    追加した場合は追加分のみ別記事にて書くことにします。


    収録回数は伊達じゃない!ノヴァグラップラー

    《獣神 ヘイトレッド・ケイオス》
    レア度:R
    グレード2
    パワー:9000
    カード名「獣神」の『バニホ互換』

    《獣神 ライオット・ホーン》
    レア度:C
    グレード0
    パワー:5000
    自:先駆
    自【R】:他のこのユニットと同じ縦列にいるあなたのカード名に「獣神」を含むユニットがスタンドした時、このユニットをスタンドする。

    《アーマードヘヴィ・ガンナー》
    レア度:見えず
    グレード3
    パワー:10000
    《ディグニファイド・ゴールド・ドラゴン》互換

    抹消者のトリガーはどうしたぁぁぁ!なるかみ

    《抹消者 ソーサーカノン・ワイバーン》
    レア度:R
    グレード2
    パワー:8000
    自:[CB1]このユニットがVかRに登場した時、あなたの《なるかみ》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。
    払ったら、相手の前列のリアガードを1枚選び、退却させ、相手は1枚引く。

    《抹消者 ワイバーンガード ガルド》
    レア度:RR
    グレード1
    パワー:6000
    完ガ。

    OPテーマプロモ強くね!?PR編

    リンクジョーカー編EDテーマCD付録
    《輝ける未来 エリア》

    クラン:エンジェルフェザー(画像が小さいので違う可能性あり)
    グレード3
    パワー:10000
    自【R】:あなたのグレード3の《エンジェルフェザー(画像が小さいので違う可能性あり)》がVに登場した時、そのターン中、このユニットのパワー+10000。

    リンクジョーカー編OPテーマCD付録
    《ストームブリング・ドラゴン》

    クラン:なるかみ
    グレード2
    パワー:9000
    自【V/R】:[CB1]このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、コストを払ってよい。
    払ったら、あなたの山札の上から5枚まで見て、グレード3以上の《なるかみ》を1枚まで探し、相手に見せ、手札に加え、その山札をシャッフルする。

    [ 2013/01/25 23:08 ] ヴァンガード情報 | TB(0) | CM(0)

    【1月ケロAフラゲ情報】ジェネシス【ダクレイも真っ青!?】

    本スレやTwitterにて画像付きケロAフラゲ情報が来ましたので取り上げたいと思います。

    全て画像確認済みです。
    また、濁点や半濁点、漢字など、画像ソースが小さく間違っている可能性がありますのでご了承ください。
    追加があるかもしれません。
    追加した場合は追加分のみ別記事にて書くことにします。


    新クラン!ジェネシス

    《月夜の戦神 アルテミス》
    レア度:RR?
    グレード3
    パワー:10000
    自【V】LB4:[SB3]このユニットがヴァンガードにアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、2枚引き、あなたの手札から1枚選び、ソウルに置き、そのバトル中、このユニットのパワー+5000。
    永【V】:あなたのソウルに「黄昏の狩人 アルテミス」があるなら、このユニットのパワー+1000。

    《星を射る弓 アルテミス》
    レア度:R
    グレード0
    パワー:4000
    「アルテミス」のリヴィエール型FV

    《天地の弓弦 アルテミス》
    レア度:C
    グレード1
    パワー:7000
    永【V】:あなたのソウルに「星を射る弓 アルテミス」があるなら、このユニットのパワー+1000。
    自:「黄昏の狩人 アルテミス」以外のグレード2の《ジェネシス》がこのユニットにライドした時、あなたのソウルに「星を射る弓 アルテミス」があるなら、あなたの山札の上から7枚まで見て、「黄昏の狩人 アルテミス」を1枚まで探し、ライドし、その山札をシャッフルする。

    《黄昏の狩人 アルテミス》

    レア度:R
    グレード2
    パワー:9000
    永【V】:あなたのソウルに「天地の弓弦 アルテミス」があるなら、このユニットのパワー+1000。
    自【V】:このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、SC2し、あなたのソウルに「天地の弓弦 アルテミス」があるなら、SC2。

    《戦巫女 サホヒメ》
    レア度:見えず
    グレード2
    パワー:9000
    自【V/R】:[CB1]このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、あなたの《ジェネシス》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。
    払ったら、SC3。

    《戦巫女 タツタヒメ》
    レア度:見えず
    グレード1
    パワー:7000
    自【R】:[CB2]このユニットが《ジェネシス》をブーストしたバトル中、アタックがヴァンガードにヒットした時、コストを払ってよい。
    払ったら、SC3。

    《クレバー・ジェイク》

    レア度:C
    グレード2
    パワー:8000
    自【V/R】:[CB1,《ジェネシス》]このユニットがアタックした時、あなたの《ジェネシス》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。
    払ったら、そのバトル中、このユニットのパワー+4000。

    《狼の魔女 サフラン》
    レア度:R
    グレード3
    パワー:10000
    《ディグニファイド・ゴールド・ドラゴン》互換

    《挺身の女神 クシナダ》
    レア度:RR
    グレード1
    パワー:6000
    完ガ。

    《猫の魔女 クミン》
    レア度:C
    グレード1
    パワー:7000
    自:このユニットがVかRに登場した時、あなたの《ジェネシス》のヴァンガードがいるなら、SC1してよい。

    《戦巫女 タマヨリヒメ》
    レア度:R
    グレード0
    パワー:5000
    自:先駆
    自【R】:[CB2]このユニットが《ジェネシス》をブーストしたバトル中、アタックがヴァンガードにヒットした時、コストを払ってよい。
    払ったら、SC3。

    《箒の魔女 キャラウェイ》
    レア度:RR
    グレード2
    パワー:9000
    《マジシャンガール キララ》互換。

    《ジェネシス》のトリガー4種確認。

    《ジェネシス》のグレード2・10kバニラとグレード1・8kバニラを確認。
    [ 2013/01/25 23:04 ] ヴァンガード情報 | TB(0) | CM(0)

    【1月ケロAフラゲ情報】ゴールドパラディン【お馬さんもリメイク!】

    本スレやTwitterにて画像付きケロAフラゲ情報が来ましたので取り上げたいと思います。

    全て画像確認済みです。
    また、濁点や半濁点、漢字など、画像ソースが小さく間違っている可能性がありますのでご了承ください。
    追加があるかもしれません。
    追加した場合は追加分のみ別記事にて書くことにします。


    解放者リメイク軍団!ゴールドパラディン

    《解放者 フレアメイン・スタリオン》
    レア度:C
    グレード1
    パワー:6000
    自【R】:[SB1]このユニットが「円卓の解放者 アルフレッド」をブーストした時、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、ブーストされたユニットのパワー+5000。

    《ガイディング・ファルコニー》
    レア度:C
    グレード1
    パワー:6000
    自【R】:[CB1]このユニットがLBを持つ《ゴールドパラディン》をブーストした時、コストを払ってよい。
    払ったら、そのバトル中、ブーストされたユニットのパワー+3000。

    《ういんがる・解放者》
    レア度:R
    グレード0
    パワー:5000
    自:先駆
    自【R】:[このユニットをソウルに置く]このユニットがカード名に「解放者」を含むユニットをブーストしたバトル中、アタックがヴァンガードにヒットした時、コストを払ってよい。
    払ったら、あなたのソウルから「ブラスター・ブレード・解放者」を1枚選び、ユニットのいないRにコールする。

    《円卓の解放者 アルフレッド》
    レア度:RRR
    グレード3
    パワー:11000
    永【V】LB4:あなたのターン中、あなたのカード名に「解放者」を含むリアガード1枚につき、このユニットのパワー+2000。
    起【V】:[CB2,カード名に「解放者」を含むカード]あなたの山札の上から1枚見て、《ゴールドパラディン》を1枚まで探し、ユニットのいないRにコールし、残りのカードを山札の下に置く。
    永【V/R】:盟主。

    《希望の解放者 エポナ》
    グレード0
    パワー:5000
    ☆トリガー。

    《ふろうがる・解放者》
    グレード0
    パワー:5000
    醒トリガー。

    《聖竜の従騎士 エニード》
    レア度:C
    グレード0
    パワー:4000
    自:先駆
    自【R】:[このユニットをソウルに置く]このユニットがLBを持つ《ゴールドパラディン》ブーストしたバトル中、アタックがヴァンガードにヒットした時、コストを払ってよい。
    払ったら、1枚引く。

    《横笛の解放者 エスクラド》
    レア度:RR
    グレード2
    パワー:9000
    自【V/R】:[CB2,カード名に「解放者」を含むカード]このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、あなたの《ゴールドパラディン》ののヴァンガードがいるならコストを払ってよい。
    払ったら、あなたの山札の上から1枚見て《ゴールドパラディン》を1枚まで探し、ユニットのいないRにコールし、残りのカードを山札の下に置く。

    《遠矢の騎士 サフィール》
    レア度:C
    グレード2
    パワー:8000
    自:このユニットが山札からRに登場した時、あなたの《ゴールドパラディン》のヴァンガードがいるなら、あなたのダメージゾーンから1枚選び、表にし、SC1。

    《光輪の解放者 マルク》
    レア度:RR
    グレード1
    パワー:6000
    完ガ。

    《むーんがる》
    レア度:C
    グレード3
    パワー:10000
    自【R】:あなたのグレード3の《ゴールドパラディン》がVに登場した時、そのターン中、このユニットのパワー+10000。

    《破岩の騎士 セグワリデス》
    レア度:C
    グレード2
    パワー:8000
    自【V/R】:[CB1,《ゴールドパラディン》]このユニットがアタックした時、あなたの《ゴールドパラディン》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。
    払ったら、そのバトル中、このユニットのパワー+4000。

    《疾駆の解放者 ヨセフス》
    レア度:R
    グレード1
    パワー:7000
    自:[SB1,カード名に「解放者」を含むカード]このユニットが山札からRに登場した時、あなたのカード名に「解放者」を含むヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。
    払ったら、1枚引く。
    [ 2013/01/25 23:00 ] ヴァンガード情報 | TB(0) | CM(0)

    【1月ケロAフラゲ情報】スパイクブラザーズ【細かいところに手が届くか?】

    本スレやTwitterにて画像付きケロAフラゲ情報が来ましたので取り上げたいと思います。

    全て画像確認済みです。
    また、濁点や半濁点、漢字など、画像ソースが小さく間違っている可能性がありますのでご了承ください。
    追加があるかもしれません。
    追加した場合は追加分のみ別記事にて書くことにします。


    本気を見せる!スパイクブラザーズ

    《恐怖政治 テルミドール》
    レア度:C
    グレード0
    パワー:5000
    自:先駆
    自【R】:このユニットが《スパイクブラザーズ》のノーマルユニットをブーストした時、そのバトル中、ブーストされたユニットのパワー+3000してよい。
    パワー+3000したら、そのバトル終了時、そのユニットを山札の下に置く。

    《U F O》
    レア度:C
    グレード1
    パワー:7000
    自:[あなたの手札から1枚選び、捨てる]あなたのバトルフェイズ中、このユニットがRに登場した時、あなたの《スパイクブラザーズ》のヴァンガードがいるならコストを払ってよい。
    払ったら、1枚引く。

    《ブロウ・キス・オリビア》
    レア度:C
    グレード2
    パワー:9000
    自【R】:[SB2]このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、あなたの《スパイクブラザーズ》のヴァンガードがいるならコストを払ってよい。
    払ったら、相手の前列のリアガードを1枚選び、退却させ、このユニットを山札の下に置く。

    《タイラント・レシーバー》
    レア度:C
    グレード1
    パワー:6000
    自【R】:[CB1]このユニットがLBを持つ《スパイクブラザーズ》をブーストした時、コストを払ってよい。
    払ったら、そのバトル中、ブーストされたユニットのパワー+3000。

    《ラビット・ハウス》
    レア度:C
    グレード3
    パワー:10000
    《ディグニファイド・ゴールド・ドラゴン》互換

    《チャージング・ビル・コレクター》
    レア度:C
    グレード2
    パワー:8000
    自【V/R】:このユニットがアタックした時、あなたのLBを持つ《スパイクブラザーズ》のヴァンガードかリアガードがいるなら、そのバトル中、このユニットのパワー+3000。

    《ベビーフェイス・アイザック》
    レア度:C
    グレード0
    パワー:4000
    自:先駆
    自【R】:[このユニットをソウルに置く]このユニットがLBを持つ《スパイクブラザーズ》ブーストしたバトル中、アタックがヴァンガードにヒットした時、コストを払ってよい。
    払ったら、1枚引く。
    [ 2013/01/25 22:56 ] ヴァンガード情報 | TB(0) | CM(0)

    【1月ケロAフラゲ情報】ロイヤルパラディン【復活の宝石と互換】

    本スレやTwitterにて画像付きケロAフラゲ情報が来ましたので取り上げたいと思います。

    全て画像確認済みです。
    また、濁点や半濁点、漢字など、画像ソースが小さく間違っている可能性がありますのでご了承ください。
    追加があるかもしれません。
    追加した場合は追加分のみ別記事にて書くことにします。


    復活の騎士団!ロイヤルパラディン

    《大望の宝石騎士 ティファニー》
    レア度:R
    グレード0
    パワー:5000
    自:先駆
    起【R】:[このユニットソウルに置く]あなたのカード名に「宝石騎士」を含むリアガードを2体まで選び、そのターン中、パワー+3000。

    《純真の宝石騎士 アシュレイ》
    レア度:見えず
    グレード3
    パワー:11000
    自LB4:《ロイヤルパラディン》がこのユニットにライドした時、あなたのヴァンガードを1枚選び、そのターン中、パワー+10000/☆+1。
    自【V】:このユニットがヴァンガードにアタックした時、そのバトル中、このユニットのパワー+2000。
    永【V/R】:盟主。

    《宝石騎士 ぷりずみー》
    レア度:R
    グレード1
    パワー:7000
    自:[あなたの手札から1枚選び、捨てる]このユニットがRに登場した時、他のあなたのカード名に「宝石騎士」を含むリアガード3体以上なら、コストを払ってよい。
    払ったら1枚引く。

    《導きの宝石騎士 サロメ》
    レア度:RRR
    グレード3
    パワー:10000
    自【V】LB4:このユニットがアタックした時、あなたのカード名に「宝石騎士」を含むリアガードが4枚以上なら、そのバトル中、このユニットのパワー+2000/☆+1。
    起【V】:[CB2,カード名に「宝石騎士」を含むカード]あなたの山札からカード名に「宝石騎士」を含むカードを1枚まで探し、Rにコールし、その山札をシャッフルする。

    《爆斧の騎士 ゴルヌマン》

    レア度:C
    グレード3
    パワー:10000
    自【R】:あなたのグレード3の《ロイヤルパラディン》がVに登場した時、そのターン中、このユニットのパワー+10000。

    《ディグニファイド・シルバー・ドラゴン》
    レア度:R
    グレード3
    パワー:10000
    《ディグニファイド・ゴールド・ドラゴン》互換。

    《らっしゅがる》
    レア度:見えず
    グレード1
    パワー:6000
    自【R】:[CB1]このユニットがLBを持つ《ロイヤルパラディン》をブーストした時、コストを払ってよい。
    払ったら、そのバトル中、ブーストされたユニットのパワー+3000。

    《精緻の騎士 クローディン》
    レア度:C
    グレード2
    パワー:8000
    自【V/R】:このユニットがアタックした時、あなたのLBを持つ《ロイヤルパラディン》のヴァンガードかリアガードがいるなら、そのバトル中、このユニットのパワー+3000。

    《硬骨の騎士 イデール》
    レア度:見えず
    グレード2
    パワー:8000
    自【V/R】:[CB1,《ロイヤルパラディン》]このユニットがアタックした時、あなたの《ロイヤルパラディン》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。
    払ったら、そのバトル中、このユニットのパワー+4000。


    「宝石騎士」と名のつくトリガーが4種揃うとのこと。
    [ 2013/01/25 22:52 ] ヴァンガード情報 | TB(0) | CM(0)

    1月24日のカード!

    今日のカードはこれだっ!


    《友愛の宝石騎士 トレーシー》
    20130124.jpg

    当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータ
    ルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。
    該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。
    (C)bushiroad All Rights Reserved



    ブースター第10弾『騎士王凱旋』にて登場する『ロイヤルパラディン』のカードです。
    先日のシェリーのお姉ちゃんカード。
    味方を助けるためであれば我が身の危険など一切かえりみない度を超えた仲間想いかと思いきや敵に対しては容赦なく殺☆害する。
    前衛で槍斧でチクチクしてたら後ろからシェリーの拡散矢(もちろん溜め1)が飛んできてイライラするトレーシーである。

    能力について
    能力は変則的な『バニホ』といったところ。
    条件付き12kアタッカーです。

    ・最近増えすぎている11kVに対しても単体でヒットが可能である点。
    ・たとえ相手Vが13kVだとしても、10k要求するならば後列は6kで十分な点。
    ・8kブーストをつければ、10kVに対しては絶大なパワーを発揮する点。

    などが長所として上げられます。

    デメリット
    ただ、最後の項目である『8kブースト』をかければというのは少々懸念すべき点があります。
    このカードのパワーアップ条件が場に『他のリアガードに3枚以上の宝石騎士が必要』という点です。

    ロイパラのグレード1・8kカードは《小さな賢者 マロン》であり当然のことながら「宝石騎士」ではないのでこのカードとマロンが場にあると仮定する場合、このカードのパワーアップ条件を満たすには他のリアガード3箇所を全て「宝石騎士」にしなければいけません。

    さらに言えばリアガードを9kブーストできるカードが『ロイヤルパラディン』にはいます。
    《といぷがる》、《ぼーるがる》の2種類です。
    前者はグレード3ロイパラのVかRが2枚以上ならという簡単な条件。
    後者はソウルにロイパラが6枚以上ならという少々面倒くさい条件。

    前者がこのカードを9kブーストする場合は、リアガードにグレード3の「宝石騎士」が必要であり、《といぷがる》以外のRは全て「宝石騎士」、Vもロイパラのグレード3でなければなりません。(Vがロイパラのグレード3というのはロイパラデッキならば問題ありませんが)
    非常にガチガチに配置を縛られるということです。

    後者の場合もやはりフィールドが縛られます。といぷがるのようにグレード3がリアガードにも必要ではありませんが。
    ソウルに6枚以上というのはソウルチャージ能力を何か使わないと《といぷがる》より難しいことになります。

    9kブーストを行うとコストを使用せずにリアガードで21kという高パワーを叩きだすことができますが、かなり難しいでしょう。

    「宝石騎士」に楽に9kブーストできるカードが登場した場合はこの限りではありませんが。





















    槍だと思ったら斧って書いてあって、斧かと思ったら槍斧だった。
    明日ケロAフラゲかなぁ
    [ 2013/01/24 23:18 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    1月23日のカード!

    今日のカードはこれだっ!


    《必中の宝石騎士 シェリー》
    20130123.jpg

    当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータ
    ルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。
    該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。
    (C)bushiroad All Rights Reserved



    ブースター第10弾『騎士王凱旋』にて登場する『ロイヤルパラディン』のカードです。
    初めトライアル収録とか書いてあったけど知らない。私は何も見ていない。
    ロイパラの精鋭「宝石騎士」のメンバー。
    で、英雄封印中はロイパラの精鋭はどこで何してたの?家でモンハン?
    基本的に後方からの支援に徹しているが、情勢次第(常に)では前に出ることも厭わない。(溜め1を連打して3乙する)

    「宝石騎士」とは?
    ユナイテッド・サンクチュアリ第一正規軍『ロイヤルパラディン』の精鋭騎士に与えられる称号の一つのようです。
    魔力を込めた宝玉を装具に埋め込み身に付ける、騎士団一華やかな部隊。
    騎士団一、ビカビカしてて金喰いな部隊。

    能力について
    グレード1の条件付き10kアタッカーといったところ。
    他の宝石騎士のリアガードが3枚以上あればパワーアップします。

    グレード1がアタック時にパワーアップする効果は

    ・緊急時のアタッカー
    ・序盤に攻撃する用のアタッカー

    といったところ。

    緊急時のアタッカーというのは、そのままそういう意味です。
    パワーラインを作らないといけない終盤、前衛が足りない時に前衛として使用し、パワー10kとして運用するということです。

    相手のVのパワーに合わせてこのカードをコール、後列を用意すれば十分戦力として活躍できると思います。
    ただし、ロイパラのグレード1・8k《小さな賢者 マロン》は「宝石騎士」ではないのでこのカードの後ろに8kを置くと他のリアガードは全て「宝石騎士」じゃないとこのカードのパワーアップが発動しないのが厳しいところ。

    『騎士王凱旋』にてそれなりの枚数『宝石騎士』が出ると思いますが、どのようなものが出るか分からない以上現時点で判断はできない感じです。

    常磐に攻撃する用のアタッカーというのは、グレード1にライドしたときや、グレード2にライドしたときなど、ファイトでいう割と『序盤』の時点でリアガードとヴァンガードの合計3アタックしてしまおうという時に使うアタッカーということです。
    この序盤に3アタックを行うと相手の手札を多く削るか、序盤のダメージの時点で優位に立てます。
    ヒール発動しなくなるじゃんとか、相手のCB発動しちゃうじゃんとか、知りません。

    3アタック決める時相手のVがグレード2・10kの場合思ったようにラインが作れずかつトリガーがめくられたりしてヒットしないパワーにまで上がってしまった場合このアタック時10kになれるという能力は活きてきます。

    前衛に出ない場合でもブーストパワー7kと低くはないので腐ることもないかなと思います。

    デメリット
    「宝石騎士」の情報が全然出てないのでどんな特徴を持ったカード群なのか分からないのでデメリットは考えにくいのですが。

    他のリアガード3枚以上「宝石騎士」じゃなきゃいけないので、グレード1・8kの《小さな賢者 マロン》やグレード2・10kの《沈黙の騎士 ギャラティン》などを配置しづらいということですね。
    まあグレード2・10kの「宝石騎士」は出ないとは言い切れないのでこの点はどうなるかは分かりませんが。


























    あのイゾルデが宝石騎士になるらしいよ?
    [ 2013/01/23 23:09 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    1月22日のカード!

    今日のカードはこれだっ!


    《ディスチャージング・ドラゴン》
    20130122.jpg

    当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータ
    ルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。
    該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。
    (C)bushiroad All Rights Reserved



    トライアルデッキ『帝国の抹消者』にて登場する『なるかみ』のカードです。
    「暴雷竜」という異名を持ち、抑えきれなくなった電荷を体外にあふれ出している迷惑極まりない存在。
    蓄積しまくって我を忘れて暴走した黒歴史を持つ。
    彼は雷の竜ではなく、雷そのものだ、というジョークはあまりにも有名。

    能力について
    以前、当ブログで紹介した『ゴールドパラディン』の《ディグにファイド・ゴールド・ドラゴン》の互換能力。
    なので突っ込んだ話はこちらを参照。
    手抜きか。

    簡単にまとめると
    Vならば汎用的なリミットブレイク!である、ヴァンガードアタック時パワー+5k。
    Rならば、『エクス互換』と、いいとこ取りをしたようなカード。

    デメリット
    デメリットはなく扱いやすいカードではありますが、面白みのない効果とも言えます。

    『エクス互換』のデメリットであった『緊急時ライドしてしまった時のパワーの低さ・能力のなさ』の内パワーの低さというのはリミットブレイク!すれば補うことができるので『エクス互換』よりは強力で使いやすく、優秀な互換能力といえるでしょう。



























    手抜きですいませんです。
    [ 2013/01/22 23:59 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    1月21日の今日のカード!+α

    今日のカードはこれだっ!


    《雲海のシールドナイト》
    20130121.jpg

    当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータ
    ルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。
    該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。
    (C)bushiroad All Rights Reserved



    本日発売のデンゲキニンテンドーfor KIDSに付属の『ゴールドパラディン』のカードです。
    乗り物であり盾でもある下にあるやつは意思を持っているようです。
    カードイラストになっているのは飛行形態のようで他にどんな形態があるのやら。

    能力について
    ドロートリガーである《蒼穹のファルコンナイト》のグレード1版といったところ。
    ゴルパラは山札からのスペリオルコールが得意なので狙う場合はぜひ4枚積んで確立を上げたいところ。

    他のゴルパラなのでパワーアップ対象にはVのカードも含みます。
    といっても、ゴルパラのV向けのカードは大抵パワーアップ能力を持っているので基本的にリアガードにパワーアップを付与することになると思いますが。

    前衛10kをこのカードの効果でパワーアップ、このカードでブーストとやるとパワー19kと相手のVが9kや13kでも無い限り、このカードの能力を与える意味はあまりありません。

    よってパワーアップ効果を付与するのは前衛で11k以上のアタックが行えるリアガードになるかと思います。
    このカードでブーストするカードが『エクス互換』などアタック時12kになるカードであればそれにパワーアップ効果を付与してもいいでしょう。

    要はこのカードの効果であるパワープラス2kして、相手のVに対してプラスしなかったときよりも一つ上のパワーラインを形成できればどこに与えてもいいということです。

    また能力が発動しなくともブーストパワーは元々7kあるので採用しづらいカードではないかと思います。

    グレード1・7k帯の『ゴールドパラディン』は結構多いので投入に悩むところですが、デッキの『山札からスペリオルコールする』効果が多い場合《降魔剣士 ハウガン》よりかは良い感じかもしれません。
    ただこの場合、デッキがCBをそれほど使わないデッキならば確実にパワーラインをあげられる可能性のあるハウガンのほうが優先度は上かなと思います。

    グレード1・7k帯はハウガンがハウガン含めて3種類もいたり、カエダンだったり、ヴォーティマーだったり微妙なものしかいないので。
    《すれいがる・ダガー》も大きなライバルでしょうか。

    デメリット
    能力の発動が完全に『運任せ』ということですね。
    まあヴァンガードでそれは今に始まったことではありませんが。

    ヴォーティマーの連携ライド効果や《断罪竜 クロムジェイラー・ドラゴン》のペルソナブラストの効果を使用すれば、他のゴルパラ達よりも多く山札からスペリオルコールすることができるので、確立を少しは上げることができるでしょう。



    このカードが付属している『デンゲキニンテンドー for KIDS』にあの《ブラスター・ブレード・解放者》のテキストが載っていたようです。
    以下テキストです。

    《ブラスター・ブレード・解放者》
    グレード2
    クラン:ゴールドパラディン
    パワー:9000
    自:[CB2]このユニットがVかRに登場した時、あなたのカード名に「解放者」を含むヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、相手の前列のリアガードを1枚選び、退却させる。

    おぉ、これは……。
    たぶんその内今日のカードで紹介されると思うので詳しいレビューはその時で。






























    ブラブレに全てを持っていかれる今日のカードであった。
    [ 2013/01/21 23:50 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    2013トリオファイト・東京・優勝クラン

    先日行われた2013トリオ祭にて、優勝したクランでも見てみましょうかね。
    ネタがないので。
    画像は全て歴代の今日のカード画像より

    優勝数の多さ準に並んでいます。
    全11ブロックで、33人分です。

    ゴールドパラディン
    優勝使用者数→8
    20121207.jpg

    ゴルパラ自体色々な型がありますが、【エイゼル】と【スペクトラル・デューク・ドラゴン】ですね。
    デュークにプラチナが入っていたり、エイゼルにペリノアが入っていたりと使用者の『味』のようなものが見受けられました。

    なるかみ
    優勝使用者数→5
    20121130.jpg

    はい、ヴァーミリオンしかいません。当たり前ですが。
    ライジング・フェニックスを投入し引トリガーを少なくし☆を多くするといった構築が多いようです。
    ヴァーミリオンを手助けする自爆互換はあまり見られなかったです。(一人ぐらいかな)

    オラクルシンクタンク
    20121119.jpg

    優勝使用者数→5

    上記の『なるかみ』と同じ使用者数。
    バグカードツクヨミが規制されてどうなるかとおもいきや、☆が12枚積めてクロスライドを持っているのが大きいようです。
    が見てみると、アマテラス型は少なく(というか一人ぐらい)、ココサクヤ、ココくっきーが多いようです。
    ドローとパワーが両立出来て強力なのかな。LBでパワー5k上げつつ手札入れ替えができるくっきーの登場がよかったのか。

    むらくも
    優勝使用者数→3
    20121226-01.jpg

    意外や意外3人もいました。
    マンダラと盟主様によるガチガチガードとマガツ速攻の二つでした。
    マガツはG3がマガツだけなのと、タマモがサブで入っている感じ。僕もタマモのほうが強いと思います(オイオイヨ
    マンダラシラユキはスタンドが多く入っていました、耐えて耐えて連続攻撃で決めるって感じでしょうか。

    エンジェルフェザー
    優勝使用者数→3
    20121016-01.jpg

    2年目で登場しなかなかにテクニカルなデッキとして確立しているエンフェ。
    どうやら竜騎激突で登場したメタトロンが多い様子。
    メタトロン登場前に流行っていたシャムシャエルが入っているデッキは一つしかなかったですね。

    アクアフォース
    優勝使用者数→2
    20121206.jpg

    意外にも少ないですね。
    2つともディアマンティスとメイルが入っているから連続攻撃で戦っていくデッキでしょう、クラン特性もそうなっていますし。
    グロリーメイルは両方とも枚数が控えめでした。いうほど扱いが簡単ではないんでしょう。

    ネオネクタール
    優勝使用者数→2
    20120907.jpg

    マジキチアルボロスがいるので多いかなと思ったらそうでもないようですね。
    アルボロストレイリングローズって感じ。
    ファントム的にはダークホース的存在かと思っていたんですが、☆12にできなからかね……。

    ここからは全て使用者1人のクランとなります。

    ロイヤルパラディン
    ブログ123
    規制にもめげずにがんばっていました第一号。
    マジェ1枚にぶれいぶ1枚というがんばりよう、ダメージゾーンに落ちたらどうすんだべ。
    ソウルセイバーやぽーんがるが入っていたりとやはり、規制はきつそうです。

    ディメンジョンポリス
    20120914.jpg

    かなり意外でした、とは言っても大阪にもいたかな、確か。
    ダイユーシャではなく、ズィール軸。
    相手のパワーを下げ、ガード要求値を増やすのは強力なのかね。
    意外が意外、ミラクルビューティが入っていてスタンドも多く入っていました。
    ドローなくても回るのかなぁ。

    シャドウパラディン
    ブログ115

    もともとポテンシャルの高いシャドパラがやはり、一線級規制により出てきた感じ。
    しかし、ネヴァン4積みはさすがに理解不能。
    FVはフルバウではなくシズク互換。

    かげろう
    ブログ124

    規制にもめげずがんばっていました第二号。
    ジ・エンド1枚かぁ……1枚っ!?って感じ。
    コンローだから相手にペルソナ出来ないことは筒抜けだけど。
    ゴクウ入ってました。

    ノヴァグラップラー
    20121105.jpg

    一人しかいないという残念な結果。
    しかしアシュラカイザーが入っていないレシピが載るのは珍しいのではないでしょうか、獣神軍です。
    ☆が多いですね、がんばって全種類使ってるのがいいですね。
    って、ヒールトリガー2枚だと?



    ゴルパラが多いのはわかりきっていたことでしたが、こうもロイパラとかげろうが綺麗に消えるとは。
    騎士王もいないとは、いやはや。

    エンフェ、オラクルが多いのはわかりきっていましたが、むらくも結構いますね。
    速攻がもてはやされてるのかな。
    なるかみが多いのは、かげろう規制からの乗り換えなのか、ヴァーミリオンが強いだけだしなぁ。
    13kVとバニホと、適当な除去能力があれば強いのかね。

    ネオネクとアクフォはもうちょっといるようなイメージでしたが案外少ないですね。
    ファントムが思っているほど強くないのでしょうか。


    第10弾からは環境がどうなることやら。
    [ 2013/01/20 20:39 ] ヴァンガード | TB(0) | CM(0)

    【既存の情報】ヴァンガードの情報【しかないね】

    大会行こうとしたけど起きれなかったのでヴァンガード関連の情報でも
    と言ってもすでに告知されているものばかりですが。
    画像は全て公式サイトより

    2月16日 ブースターパック第10弾 『騎士王凱旋』発売!
    ブログ121

    ついに騎士王が帰ってきます!
    ロイパラっぽい11kユニットだったり、新たな11k獣神が入るのではと噂されています。
    ロイパラ、シャドパラが復活するのでしょうか。
    ケロAによるとスパイクブラザーズがブレイクライドを引っさげて登場します。
    再録一種はスパイクの完ガ。
    『なるかみ』も本気を出し始めます。
    同時発売するであろう、スリーブも気になるところ。



    3月23日 エクストラブースター第6弾『綺羅の歌姫』発売!
    ブログ122

    ラクスゥゥゥゥゥゥ!
    ではなく、バミューダ△のエクストラブースター第2種です。
    バミューダにもブレイクライドやリミットブレイク!が登場するのでしょうか?
    再録は8kバニラのセドナと完ガのエリー。


    1月24日 トライアルデッキ2種発売直前ニコ生!
    今回もニコ生やるようですね!
    スイコ役の寺川愛美さんとドクター・オーがお届けする模様

    放送内容を見る限りファイトはしないのかなぁ……。
    まートライアルデッキ2種でファイトしても面白みがあまりないのかなって感じ。


    ネタがないのでこのへんでー。
    [ 2013/01/19 23:59 ] ヴァンガード情報 | TB(0) | CM(0)

    1月18日のカード!

    今日のカードはこれだっ!


    《小さな解放者 マロン》
    20130118.jpg

    当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータ
    ルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。
    該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。
    (C)bushiroad All Rights Reserved



    トライアルデッキ『聖域の解放者』にて登場する『ゴールドパラディン』のカードです。
    目覚ましい成長を遂げて能力を得た代わりにパワーが下がってしまった模様。
    不名誉なあだ名だったが、称号として自ら認めたので、きっとオレンジみたいなもんだろう。

    能力について
    『バニホ互換』のグレード1版です。
    グレード1のカードがアタック時にパワーが上がる効果を持っている場合は、緊急時の前衛という意味合いが強いかと思われます。

    このカードの場合アタック時にパワー10kまで上がるので、アタックするだけならば問題ないパワーといえるでしょう。
    相手のVのパワーに合わせてコールできていれば、グレード1と言えど戦力の1枚として活躍できるでしょう。

    序盤に前衛で使用し、後半になったら7kブーストとして使用するという運用方法もあるかと思います。ブーストパワー7kというのは相手のVのパワーとブーストを受けるユニットのパワーにもよりますが、及第点と言えます。
    相手のVがグレード2までなら、まだギリギリ単体でも序盤の火力として活躍できるかと思います。

    名称に『解放者』が含まれるので各種サポートを受けることができます。
    《未来の解放者 リュー》などリアガードの『解放者』の枚数によって効果が使用できるかできないかのカードもあるので、ただ単純に『解放者・グレード1・7k』というスペックのみで、『解放者』を主軸とするデッキには投入の余地があります。

    デメリット
    緊急時に前衛で使うと上述しました。
    しかし、それは同時にアタックを受ける可能性があるということです。
    パワーが低い状態で前衛に置いてある場合、相手のターン中、相手のヒット時効果を持ったユニットのアタックを受ける危険が高まります。

    『キララ互換』に15kガードを要求されてしまった場合(17kでアタックされた場合)1ドローの発動を許すか、緊急時アタッカーのために15kガードを使わせられるという選択を迫られてしまいます。

    まー、デメリットはそれだけだと思うので扱いやすいグレード1と言えます。


























    マロン「小さな それは我が忠義の名前!」とか言い出すのかね。
    [ 2013/01/18 20:53 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    1月17日のカード!

    今日のカードはこれだっ!


    《弾幕の抹消者 シオン》
    20130117.jpg

    当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータ
    ルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。
    該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。
    (C)bushiroad All Rights Reserved



    トライアルデッキ『帝国の抹消者』にて登場する『なるかみ』のカードです。
    外見からも分かる通りデザートガンナーの一人のようです。この度『抹消者』の名前を授かったようです。
    既存のライデンとシデンは遠縁関係ですが彼は違うのでしょうか。
    下手の鉄砲数撃ちゃ当たるではなく、百発百中な人のようです。

    能力について
    『なるかみ』において既存の《プラズマバイト・ドラゴン》と同じ効果、互換カードであり、『ボールス互換』と呼ばれている互換能力。

    アタック時13kになれるので、8kブースト以上で相手のVパワー11kまでに対して15kガードを要求するパワーラインを作ることができます。
    13kのVに対してもブーストなしでヒット可能なパワーが出せる点、10kガードを要求するのに必要なブースト値が5k以上でいい、というようなメリットもあります。

    この互換の特徴でもあるのですが、デッキのメインとなるカードではないということと、Vに乗ってしまった場合少々頼りない点が挙げられます。
    リアガードでパワーラインを構築するために投入するカードであり、元々Vにでの運用はしないカードなので当然といえば当然ですが。

    同トライアルデッキには《ディスチャージング・ドラゴン》というVならばLBして5kパワーアップ、Rならば『エクス互換』と器用なカードが入っています。

    そちらとの比較として
    ・こちらは13kまでパワーアップすることができる。
    ・あちらはVの場合LBすればコストなしで15kアタックが可能。
    といった具合。

    12kか13kかというのは大きく、12kの場合Rを9kブーストしなければ相手のV11k以上に15kガードを要求できない(一つ上のパワーラインを作ることができない)ということになります。
    ちなみに『なるかみ』ではRを9kブーストできるカードとして《呪禁魔竜 インディゴ》があります。グレード2以下をブーストできないという永続能力持ちですが。

    しかし、13kの場合は8kブーストでいいので、13kアタック+8k・グレード1・能力なしのカードで11kのVに対しても21kでアタックと、15kガードを要求することができます。
    最近は11kVが非常に増えているのでこの違いは大きいです。

    通常Rに置くべきカードをVにおいてしまった時パワー不足感は否めませんが、《ディスチャージング・ドラゴン》はLBすればパワー不足自体は解消することができます。
    ノーコストで。
    その点はこのカードよりも優れているといえるでしょう。
    ただ、通常Rに置くべきカードにライドしてしまった場合、それでずっと戦い続けるか、V向きのカードが来たらすぐにライドし直すかはまた別の話であり、すぐにライドし直せればあまり問題はないのですが。

    デメリット
    コストがCB1である点。
    上で比較にだした《ディスチャージング・ドラゴン》はVでも15kアタックも、Rでの12kアタックも全て『ノーコスト』で行うことができます。

    しかし、このカードは違います。VでもRでも13kアタックするにはCBが1必要です。
    不確定でしかCBコスト回復手段を持たない『なるかみ』にとってCBは1とはいっても大事に使いたいところ。

    『なるかみ』にはCBを多用する強力なヴァンガード能力を持つカードが複数いるのでできるだけCBはそれらのために残しておきたいと考えるでしょう。

    『抹消者』で例を出すと
    ・《抹消者 ドラゴニック・ディセンダント》はスタンド能力はCBだけを考える場合1コストで済みますが、自身の5kパワーアップ能力も考えるとCBは一度に3必要です。(一度に3使うというわけではないので、プレイングでどうにでもなると思いますが)

    ・《抹消者 ガントレッドバスター・ドラゴン》は相手のリアガードを退却させる効果にCBが2必要です。除去能力であり、自身のLBとも相まって一回のファイト中に複数回発動させたいところ。

    例を2つしか出してませんが、《なるかみ》においてCBコストをV能力以外に使ってしまうのは考えものであり、それがたとえ1コストだとしてもです。

    とは言っても実際のファイトでは、ヒールトリガーや不確定CBコスト回復効果(ベリコ互換)が発動したり、するのでそこまでキツキツというわけでもありませんので、リアガードのライン構築を重要と考えるのであれば、投入する余地は十分にあるでしょう。


























    どこぞのヴァーミリオンには投入する余裕ないと思うけどね。投入も普通はしないし。
    [ 2013/01/17 23:57 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    1月16日のカード!

    今日のカードはこれだっ!


    《ぞーいがる・解放者》
    20130116.jpg

    当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータ
    ルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。
    該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。
    (C)bushiroad All Rights Reserved



    トライアルデッキ『聖域の解放者』で登場する『ゴールドパラディン』のカードです。
    驕り高ぶることなく仲間のことを気にかけるあまり、同時に収録されるあるカードに完全にお株を奪われています。
    血の為せる物でもなんでもありません、性能で負けてますわ。

    能力について
    3枚以上の『リアガード』の「解放者」がいる場合11kアタッカーになれるカードです。
    11kになることで、後列が7k以上で18kに、5k以上で16kになることができます。
    この手のパワーが11k以上に上がるカードは後列にある程度自由が効くというのが特徴であり、メリットです。

    しかし、このカードの場合いささか、境遇、効果の発動条件が不遇すぎます。

    デメリット
    まず「このカード以外の解放者が3枚以上」必要だということ。
    解放者以外、例えば8k能力なしグレード1である《美技の騎士 ガレス》は1枚しかリアガードに置けません。

    さらに、同じ『聖域の解放者』にはあのバニホ互換である《王道の解放者 ファロン》が収録されます。
    条件はVが『解放者』ならば。
    ただでさえ、扱いにくい11kアタッカーなのに、同じトライアルにこのカードよりも簡単に12kアタッカーになれるカードが存在するのでこのカードがいかに不遇か分かるでしょう。

    一応、Vが『解放者』じゃない場合はこのカードのほうがアタックパワーは上になりますが、そんなデッキを組むならばこのカードよりも入れて有用なカードはたくさんあるでしょう。
    それこそ、新たに増えたグレード2・10kである、黄金のギャラティンさんでも入れたほうがよっぽど強いと思います。

    今後どのようなカードが出るかわからないので、まだ判断を下すのは少々早いような気がしますが。
    例えば名称が解放者ではないが、VにいてRの解放者をサポートできるようなカードが来た場合は、このカードが評価されるべきですが。

    現状トライアルデッキのままで戦うといったファイト以外では、活躍することはできないでしょう。
    一応、《王道の解放者 ファロン》よりも4枚集めるのが簡単といった長所(?)はありますが。






























    能力を解説するよりいかに不遇かを解説したほうがいいきがするよ。
    [ 2013/01/16 23:59 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    1月15日のカード!

    今日のカードはこれだっ!


    《真火の抹消者 コウガイジ》
    20130115.jpg

    当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータ
    ルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。
    該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。
    (C)bushiroad All Rights Reserved



    トライアルデッキ『帝国の抹消者』にて登場する『なるかみ』のカードです。
    電気を利用して炎を作り出す、かげろうにもなるかみにも属していた人。
    でも2クランではないカード。

    能力について

    《光弾爆撃のワイバーン》の互換カードです。
    完全に同じカードです。
    10kブーストの条件も同じ、グレードもパワーも同じ。

    唯一の違いは『抹消者』である点です。
    『抹消者』の各種サポートを受けられるほか、
    ・《抹消者 ドラゴニック・ディセンダント》の手札コストやカウンターブラストで裏返すカードに『抹消者』を指定しているコストを払うことができるなどの特徴が、《光弾爆撃のワイバーン》との違いです。

    《光弾爆撃のワイバーン》からでも分かる通り、かなり簡単に条件を満たせる10kブーストです。
    後半になればなるほどガードをたくさん要求したほうが強力なのでその点も理にかなっていると言えます。

    10kブーストというのは、通常10kのガードで守れるアタックを15kガードしなければいけなくなるという場面が、きちんとパワーラインを合わせていればあるはずです。
    (Vのアタックなのでトリガーを考慮してガードするのでもっとガード必要数は多くなると思いますが)

    一例
    相手V10k 自分Vのアタックパワー16k(ブースト含めて)、→守るには10kガード
    これが自分のVのアタックパワーが4k上がって10kブーストになりパワー20kになると、守るには15kガードが必要になります。

    相手のVが13kだったりすると色々変わってきますが。

    デメリット
    Vの後列でだけ、能力が発動するので、わざわざRの後列に置く人はいないと思いますが、Rの後列に置いてしまった場合(2枚目以降のこのカードなど)前列のユニットによってはパワーラインが低くなってしまう可能性があります。

    『抹消者』がコストとして必要なデッキならば《光弾爆撃のワイバーン》よりも優先度は高いでしょう。
    それ以外の場合、Vの後列でしか能力を使えないこの種類の能力のカードを2種類8枚積みにすることはないでしょう。

    特定ユニットを11kブーストするカードとの違い
    《大いなる銀狼 ガルモール》における《ちゃーじがる》など、特定のユニットには10kブーストを超える11kブーストが行えるカードが存在しています。

    しかし、それらは能力を発動するためにソウルブラスト1枚をコストで必要になります。
    FVが移動した場合、ソウルチャージしない状態だとソウルはグレード3にライドした時点でデフォルトで2枚しかありません。
    2回しか発動できないということです。ソウルチャージすればこの限りではありませんが。

    回数制限がありますが、Vだけでなくリアガードの特定のユニットをR後列でブーストしたときでも効果発動できるのでリアガードのアタックが20kを超えるのは相手のVのパワーラインによってはプラスに働くことでしょう。

    10kブーストは条件さえ満たせばコストが入らず、どんなカードをブーストした時にでも使えて、Rのブーストには使えません。
    違いとしてはそんな感じでしょう。

    両方一長一短なのでどちらを使うかはデッキと相談すればいいでしょう。
























    新しいトライアル一つに1種類、2クランカード出してもよかったやん!
    [ 2013/01/15 23:59 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    1月14日のカード!

    今日のカードはこれだっ!


    《未来の解放者 リュー》
    20130114.jpg

    当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータ
    ルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。
    該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。
    (C)bushiroad All Rights Reserved



    トライアルデッキ『聖域の解放者』にて登場する『ゴールドパラディン』のカードです。
    一人前の騎士としてゴルパラに復帰した《未来の騎士 リュー》の姿。
    以前一緒に映っていたハイドッグも後ろに映っています。
    どうやらういんがるは人語をしゃべれるようですね、もしくはリューがハイドッグ語が分かるのでしょうか。
    能力的にういんがるとは喧嘩しないといいですね。

    能力について
    条件付き10kブーストを行うことができます。
    同じく『ゴールドパラディン』の10kブーストとして《小さな闘士 トロン》が存在しています。

    それぞれの利点を並べると

    《未来の解放者 リュー》
    ・このカード以外の解放者のリアガードが3枚あれば確実に10kブーストすることができる。
    ・このカード以外なので、他のリアガードの解放者以外は1枚しか置くことができない。
    ・逆に言うと3枚いなければ10kブーストができない。l

    《小さな闘士 トロン》
    ・相手よりリアガードの枚数が多ければ10kブーストすることができる。
    ・リアガードの枚数が相手より多ければいいので、必ずしも大量展開しなくてもよい。
    ファイト後半はお互いにリアガードの枚数が5枚になることが考えられるので、相手とリアガードの枚数が同じだと発動ができない。

    デッキが解放者ならばトロンよりもリューのほうが条件を満たしやすく、ファイト後半でも発動できるので優秀と言えます。
    ただグレード1・8kカードである《美技の騎士 ガレス》は解放者ではないので並べにくくなってしまうという欠点はあります。

    デメリット
    上述しましたが、このカード以外なので解放者以外を適当に並べていると発動が難しくなってしまいます。

    ヴァンガードの後ろに置かなければ効果が発動できないので、リアガードの後ろには置かないと思いますが、置いてしまった場合少々貧弱なブーストパワーといえるでしょう。



























    祝日だから更新ないと思ってた。
    [ 2013/01/14 23:59 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    【予選落ち】トリオファイトレポ【雪がやべぇ】

    ブログ120

    トリオファイト行って来ました!
    すげぇ雪だったけど……。
    立ち往生せずに帰ってこれたのは救いかな。

    チーム名考えてなかったのでその場のノリで『3点殺し』という物騒なチーム名で出ました。
    対戦してくれて、このページ見てくれている人はありがとうございました。

    個人3戦2勝1敗。
    チーム3戦2勝1敗。

    予選敗退でした、悔しいです。

    使用デッキは『むらくも』です。チームメイトはそれぞれ『ゴルパラ』、『ロイパラ』です。

    1戦目『ロイパラ』◯
    FVは《ぶるうがる》でした。
    こちらはマガツの連携ライドに失敗していてやばいかなぁって思っていました。
    でも、何故かロイパラなのに展開せず、トリガーばっかりだったのかな。めくりが悪かったみたいだし。
    マガツグレード2には乗れたのでグレード3は11kに。
    途中、ブラブレにリアにコールしたグレード2を焼かれたりしました。
    しかし、相手はまともにリアガードの火力がなかったのが勝因ですかね。
    最初ペンドラだったり、ペンドラの能力でアルフレッド・アーリーにスペライだったり(ソウルにブラブレなし)
    騎士王は16kや18k(一度14kとこっち11kなのでラインがorz)な感じで、相手のリアは後列がなくブラブレ9kやブラブレスピリットなどなど。
    こちら3ラインを10k要求にして殴っているだけで勝てました。

    チームメイトは『ゴルパラ』のほうは負け、『ロイパラ』のほうは勝ちでした。チームでは勝利です。

    2戦目『ネオネクタール』●
    一番当たりたくないデッキでした、アルボロスドラゴン。
    自分が先攻だったのですが連携できないしグレード3はないしでライドせず。
    相手は連携に成功。
    次のターン運良くマガツ1を引けたのでライドしてマガツライドしマガツ3を引く、悪くない回り。
    しかし、相手グレード2の時点で3パン受ける。1回ガードして2ダメージ。
    こちらグレード2になったとき増殖してアタックするも☆が出て相手3点なのでLBされたくなく(ただでさえ手札のガードが少なかったので)増殖2枚はRをアタック。
    相手のグレード3のアタックに完ガを使うものの、☆をめくられて3点受けるこの時点でダメージ5,自分はグレード2。
    グレード3にライドして効果発動するものの、後列がなくVは最低5kガード、Rラインの一つは10kガードできるものの、もう一つのラインはVにヒットせず。
    2枚貫通ガードをしてきたので、ここでダブクリしないともうこの試合は勝てないと思い、願ってツインドライブするも、盟主様、盟主様orz
    次のターンガード足りずに負け。

    チームメイトは『ゴルパラ』のほうは勝ち。『ロイパラ』のほうは負け。チームでは敗北です。

    3戦目『ノヴァグラップラー』◯
    2戦目で負けてしまったので少し自暴自棄に。
    連携に成功するもののグレード3が来ない。
    ファントム『マガツ1ライド、アタックゲット☆』
    ファントム『マガツ2ライド、効果増殖、アタックゲット☆』
    ファントム『マガツ2アタックゲット☆、ありがとうございましたー』
    ガチでこんな感じ。自分でもびっくり、グレード3が来なかったのでツインドライブで手札が肥える前に決着をつけようと思い、ガチで速攻しました。
    相手は獣神でした。

    チームメイトは『ゴルパラ』のほうは勝ち、『ロイパラ』のほうは勝ち、と予選最終はチームメイト全員が勝っていました。

    一度、落としてしまったのでこの時点で予選敗退。
    ブラダーが一人、2枚もらえるとは思いませんでした。

    雪がやばくて、電車が止まってしまう可能性があり、怖かったので早々と帰宅してしまいました。

    昨年のトリオファイトは『シャドパラ』を使用し個人4-0、チーム2-2予選敗退と悔しい思いをしたので、正直決勝トナメには進みたいなぁと思っていました。
    来年もトリオファイトがあれば、出たいですねぇ。
    [ 2013/01/14 18:34 ] ヴァンガード | TB(0) | CM(0)

    明日のトリオがんばりまーす

    ネタがないので手短に。

    明日のトリオファイトがんばりまーす。

    まー、ファントムは午後の部なので、ゆっくりですが。

    雨の予報なのが気がかりですが。

    対戦していただいた方には失礼ですが、おそらく明日の記事でどんなデッキと戦ったかレビューすると思います。

    それではーノシ
    [ 2013/01/13 23:59 ] ヴァンガード | TB(0) | CM(1)

    ゴールドシリーズ2013でした

    久々に遊戯王の話

    今日はゴールドシリーズ2013発売日でした。
    ヴェーラーとか、ナチュビとか、警告とか、ゴルシクバルチェインとか色々目玉があるようですね。

    ファントムは、ヴェーラー、警告辺りが欲しいかなぁ? ぐらいだったので買う予定はなかったのですが。

    ひび割れが一向に治らず、両足に謎の湿疹も出てきて痒かったので病院行って、来たのですが。

    余った病院代1500円で、ゴールドシリーズ2013、5パックだけ買って来ました。
    ブログ118

    (Twitterにそのとき画像上げましたが)
























    ブログ119

    ほい!バルチェイン!(ドヤァ

    まーね、僕の手にかかれば、ノーレアなんてイチ☆コロよ!
    ……内心かなりビビってましたがね。
    調べてみるとただのゴールドレアでも2000円ぐらいするそうですね。

    他の内訳は↓↓↓
    ゴールドレア
    ・THE トリッキー
    ・月読命
    ・禁じられた聖杯
    ・E・HERO エアーマン
    ・レベル制限B地区
    ・魔導師の力
    ・ガチガチガンテツ
    ・素早いモモンガ
    ・マクロコスモス
    それぞれ1枚ずつ

    ノーマル
    ・ナチュル・ビースト×2
    ・ブラック・ローズ・ドラゴン×2
    ・ガチガチガンテツ
    ・THE トリッキー×2
    ・魔鏡導士リフレクト・バウンダー×2
    ・E・HERO エアーマン
    ・素早いモモンガ
    ・月読命
    ・グランマ
    ・エフェクト・ヴェーラー

    ・禁じられた聖杯×2
    ・精神操作×2
    ・魔導師の力×2
    ・レベル制限B地区
    ・ディメンジョン・マジック

    ・神の警告
    ・マクロコスモス
    ・くず鉄のかかし

    となっておりました。
    ゴールド合わせてTHE トリッキーが3枚揃うというのはこれいかに。
    そして聖杯も3枚とそんなにいらない。

    欲を言えばもっとヴェーラーと警告欲しかったです。

    [ 2013/01/12 22:58 ] 遊戯王 | TB(0) | CM(0)

    1月11日のカード!

    今日のカードはこれだっ!


    《沈黙の解放者 ギャラティン》

    20130111.jpg

    当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータ
    ルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。
    該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。
    (C)bushiroad All Rights Reserved



    トライアルデッキ『聖域の解放者』にて収録される『ゴールドパラディン』のカードです。
    帰ってきた我らがギャラティンさん!(チィースwwwwwwww)
    どうやら、騎士の剣術を基礎から習得しなおし騎士然とした戦法を身につけたようです。
    騎士団が大変なことになって、世界も大変なことになっている状況かで、ギャラティンさんは一から修行し直すという悠長なことをしていたそうです。
    そんな彼を『解放者』に任命した騎士王の采配……。
    どうやら『お友達解放者』のようですね。

    グレード2・10kの安定性
    能力もクソもありません、能力がありません。グレード2・10kカードです。
    『ゴールドパラディン』にとっては2種類目です。1種類目には《神技の騎士 ボーマン》がいます。

    《神技の騎士 ボーマン》との比較について
    ・ボーマンは《紅の小獅子 キルフ》の《灼熱の獅子 ブロンド・エイゼル》へのスペリオルライドに必要です。
    ・新ギャラティンは、解放者の名前を含むのでそれらの各種サポートを受けることができます。
    とこの2点ですね。
    逆に言えばこの2点以外はどちらを使用しても同じということです。もちろん、2種類使ってグレード2・パワー10kの合計枚数を増やすというのも一つの手です。

    グレード2・パワー10kカードの利点として、安定性があります。
    ライドした場合、ブーストなしの9k以下のユニットからはアタックをヒットされないという防御力があります。
    グレード2や3にライドしてすぐは、相手のVが9kや8kの場合、5k要求できることから序盤はブーストなしでアタックすることもあると思います。その危険性がないということです。

    アタックする場合は、単体で10k以下のユニットにヒットさせることができます。
    また多くの優秀な能力を持つグレード1はパワー6kのことが多く、ブーストパワーとして頼りない面もあると思います。
    しかし10kをブーストすれば、相手のV11kまで10kガードを要求するパワーラインを作ることができます。

    能力を持たないがゆえに、どんな状況でもパワー10kのユニットとして扱えるという点も優秀。
    パワーが上がるグレード2は9kや8kで、パワーが上がった時は12kまたは11kと、10kよりも高くなるのですが、いつでも条件が満たせるとは限りません。
    『バニホ互換』はデッキの構築でどうとでもなりますが。

    条件次第でパワー12kや11kになるグレード2のカードは、元々のパワーが9kや8kであるがゆえに、相手のヒット時効果を持つユニットに狙われる可能性があります。
    上述しましたが、ブーストなしでそれらにアタックされた場合、『5kガードor効果発動を許す』という状況になりがちです。
    それらの心配がなく、かつパワー10kの安定感があります。

    デメリット、というより特徴?
    効果が無いゆえにトリガーや他のカードの能力のサポートがなければ、ただ書いてある通りのパワーしか出ないということです。

    例えばですが、条件を満たした『バニホ互換』+8kブーストだとパワー20k、もし相手のVのパワーが10kならば15kを要求できます。
    ところがこの『バニホ互換』が『グレード2・10k』の場合パワー18k止まり、この場合だと10kガードしか要求できません。この場合はバニホ互換のほうが強いと言えます。

    もう一つ例として
    グレード2にライドした時、こちらが9kで、相手がリアガードに『キララ互換』をコールしてきた場合、相手はブーストせずとも5kガードを強要できてしまいます。
    序盤の5k要求は今後必要なグレード2やグレード1をガードとして使うか、トリガーで過剰ガードするかしないと防げないので、効果的なアタックと言えます。
    しかし、この時ライドしたカードが10kならば、相手はブーストをしなければ単体ヒットできなくなります。

    最近のVのパワーは11kや13kが多いので、何も考えず、能力がないグレード2に、能力のないグレード1のブーストをつけるだけで13kV相手に10kガードを要求できる点は評価できるでしょう。
    パワーアップ条件を持たないグレード2・9kや8kなどは他のカードのサポートおよび、パワーアップするグレード1がなければどう頑張っても13kに10kガード要求できる18kにはならないので。
    というより、そういうのを考えて13kをデザインしたと思いますが。

    グレード2・10kを何枚投入するかはデッキのグレード2のパワーは用途と相談って感じですね。
































    一年間何してた?修行してた(キリッ
    [ 2013/01/11 18:29 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    1月10日のカード!

    今日のカードはこれだっ!


    《ドラゴンダンサー・ヴェロニカ》
    20130110.jpg

    当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータ
    ルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。
    該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。
    (C)bushiroad All Rights Reserved



    トライアルデッキ『帝国の抹消者』にて登場する『なるかみ』のカードです。
    踊りながら雷の防壁出したり、踊りながら雷で攻撃したりするようです。
    ノヴァグラップルを観に行ったことがあるようですね。
    味方を感電させるという笑い事ではすまないことを時折している。

    能力について
    インターセプト時にシールド値が5k増えるという、『エスペシャルインターセプト』の能力を持っています。
    ヴァンガードには第2弾『竜魂乱舞』より登場していた互換能力です。

    手札では5kガードにしかなりませんが、場に出ていれば10kガードとして使用できるという点が長所です。

    パワー8kというのも、後列に7k異常のブーストを置き、15kのパワーを出せば、相手のV10kまで10kガードを要求できます。

    何より5kガード1枚分得をしているというのが最大の強みです。
    5kガードだと無理だけど、もう5kあればって時は意外とあるはずです。

    デメリット
    パワーが低いのが欠点ですね。
    相手Vが11kまでならいいのですが、相手のVが13kとなると10kガードを要求するのは少々厳しいものがあります。

    またインターセプトしたときに発動するので、相手のリアガードのアタックから狙われやすいという特徴もあります。

    相手のアタック1回をこのカードに使わせるという手もなくはないですが、アタックしてきたユニットがヒット時効果を持っているカード(キララ互換など)の場合厳しいものがあります。

    この能力は『なるかみ』にとって2種類目ですが、この能力を8枚も入れるようなデッキは早々ないでしょう。



























    なかなかイラストは好みよ。
    [ 2013/01/10 23:59 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    1月9日のカード!

    今日のカードはこれだっ!


    《暗殺剣の抹消者 スウセイ》
    20130109.jpg

    当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータ
    ルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。
    該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。
    (C)bushiroad All Rights Reserved



    トライアルデッキ『帝国の抹消者』にて登場する『なるかみ』のカードです。
    諜報部隊に所属していたけどその才能を見込まれて強襲部隊『なるかみ』に転属になった戦士。
    この場にふさわしくないとか言ってるけどお前の能力……。

    能力について
    ヴァンガードヒット時にCB2で前列をリアガードを退却させる能力を持っています。

    ヒット時に効果が発動するので相手の前列のカードの質にもよりますがガードを強要させることができます。
    7k以上のブーストで相手V10kならば10kガードを要求できます。

    前列ならばグレードを選ばず退却でき、主力級のグレード3や、インターセプトで邪魔なグレード2、などを効果で退却させることができます。

    ダメージがまだ4点などでも、強力な前列を用意できた相手からすれば、何が何でもガードしたいアタックと言えるでしょう。
    トリガーを乗せることができれば、より多くのガードを相手に使わせることができます。

    名称『抹消者』を持っているのでそれらの効果やサポートを受けることができます。

    デメリット
    パワーが低いです。ガードを強要できるのでパワーは最低限でも問題ないのですがいささか低すぎます。
    相手のパワーラインが13k以上だと10kガードを要求させるのが非常に難しいです。

    さらに同グレード帯のライバルとして《ドラゴニック・デスサイズ》が存在しています。
    あちらは登場時にこのカードと同じコストで前列後列を問わずにグレード2まで退却させることができます。
    しかもパワーは9kとこのカードよりも1k高いです。

    逆にこちらの利点として
    ・名称『抹消者』である
    ・前列ならばグレードを問わずに退却できる
    ・複数回発動できる可能性がある
    などなど。

    《ドラゴニック・デスサイズ》は純粋な除去として、こちらはガードを強要させる&除去効果といった違いがあるのでこちらを使う場合はそれらを活かして活用しましょう。





























    劣化とまでは言わないものの、器用なデスサイズと同じコストというは厳しいものがあるね、このカード。
    [ 2013/01/09 23:59 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    1月8日のカード!

    今日のカードはこれだっ!


    《ディグニファイド・ゴールド・ドラゴン》
    20130108.jpg

    当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータ
    ルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。
    該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。
    (C)bushiroad All Rights Reserved



    トライアルデッキ『聖域の解放者』にて登場する『ゴールドパラディン』のカードです。
    アルフレッドと共に、シャドパラと戦ったドラゴン、ブラブレ達の解放と共に戦線に復帰、アルフレッドの下で剣を振るっている。
    紹介文を簡単にしてみた。
    彼は『金貴竜』という別名を持っていて『銀貴竜』は彼の弟弟子にあたる。これは『銀貴竜』カード化しますな!
    (もういるってことはないよね……?)
    金と銀とか、レウスレイアみたいだね。

    能力について
    Vならば汎用的なリミットブレイク!である、ヴァンガードアタック時パワー+5k。
    Rならば、『エクス互換』と、いいとこ取りをしたようなカード。

    同時発売のトライアル『帝国の抹消者』にも同じ能力の『なるかみ』版があるのでおそらく3年目に登場した新互換のようです。
    メインで使用するカードのサブとして投入し、臨時のVでも、前衛のRでも一定の活躍ができるといった感じ。

    Vならば後列に8k以上のブーストを置けば相手のVが13kでも15kガードを要求でき、相手のVが11kや10kならばもっと簡単に15kガードを要求できるでしょう。

    Rならば、先日紹介した『バニホ互換』と同じく
    ・単体で11kまで5kガードを要求できる
    ・8k以上のブーストを行えば、相手のVによっては一つ上のパワーラインを形成できる。
    ・後列が6kでも13kVに対して10kガードをきちんと要求できる

    などです。

    このカードの能力の互換が今後大量に出回った場合、Vの時の能力がある以上、先に登場していた『エクス互換』の上位互換といえるでしょう。

    デメリット
    デメリットはなく扱いやすいカードではありますが、面白みのない効果とも言えます。
    攻撃を受けるときに10kVというのはデメリットかもしれません。どうにもできませんが。

    とはいえ『エクス互換』のデメリットであった『緊急時ライドしてしまった時のパワーの低さ・能力のなさ』の内パワーの低さというのはリミットブレイク!すれば補うことができるので『エクス互換』よりは強力で使いやすく、優秀な互換能力といえるでしょう。
























    互換名物、名前と設定はかっこいい現象!
    [ 2013/01/08 20:17 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    1月7日のカード!

    今日のカードはこれだっ!


    《抹消者 スパークレイン・ドラゴン》
    20130107.jpg

    当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータ
    ルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。
    該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。
    (C)bushiroad All Rights Reserved



    トライアルデッキ『帝国の抹消者』にて登場する『なるかみ』のカードです。
    朱の雷竜というのは恐らくヴァーミリオンに従う《ダストプラズマ・ドラゴン》のことでしょう。
    あちらは個に従うがこちらはなるかみという軍隊に服従している。
    まあ抹消者は自分が抹消者であることを知られてはいけないので、案外ダストプラズマ・ドラゴンが名前を変えた姿かもしれませんよwww?

    能力について
    このブログでも幾度と無く紹介した『バニホ互換』です。
    参照する名称は『抹消者』
    今後、『なるかみ』には抹消者が増えると思うので(ケロA情報の騎士王凱旋でも多くいましたし)《ダストプラズマ・ドラゴン》よりかはVに囚われずに使うことができるかと思います。

    《ダストプラズマ・ドラゴン》はヴァーミリオン2種類だけですが、こちらはもっと多くの種類があるので。

    『抹消者』はグレード2にも多く存在するのでグレード2の段階から強力な12kアタックができるのは長所と言えます。

    『バニホ互換』の利点は
    ・単体で11kまで5kガードを要求できる
    ・8k以上のブーストを行えば、相手のVによっては一つ上のパワーラインを形成できる。
    ・後列が6kでも13kVに対して10kガードをきちんと要求できる

    などですね。

    デメリット
    デメリットは特にありません。
    元々のパワーが9kなので、ヒット時効果の基点にされる可能性はありますが。

    強いていうならばケロA情報によるとトライアルに1枚しか入っていないので複数枚集めるのが面倒そうなのが欠点ですね。

























    教えてくれごひ、俺は後何回バニホ互換をレビューすればいい?
    [ 2013/01/07 23:59 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    1月2日に引いたおみくじー

    ネタがないので1月2日に引いたおみくじでも晒します。
    内容のいいおみくじは持って帰り、内容があまりよくないおみくじは結んでくるそうです。
    ブログ117

    願い事:無理な願いはかなわぬ。
    就職したいという無理な願いはかなわぬ。

    商売:焦りは損。交渉には時間をかけること。
    カードは発売日に買うなってことか?

    待ち人:遅くとも来る。
    来るものは拒まず。

    進学:目標に迷いが出ないように注意。
    もう進学する予定はないけどなぁ。

    失せ物:ほどなく出る。
    デルビュッビュ

    旅行:遠方でも安心
    旅行行ってる暇あんのかな。

    勝負事:相手に勝ちを譲れ。
    嫌です。

    交際:距離をおいて付き合うこと。
    距離を起きすぎて最近、音信不通。

    病気:間もなく回復。無理はしないこと。
    このひび割れ、いつ治るんですかね?

    縁談:身近な人から話しあり。
    お友達内閣ならぬ、お友達就職かぁ?

    金運:欲張らなければ目的は達成できる
    あれもこれも買おうとするなってことね。

    ちなみに中吉でした。引いた神社は、神奈川県の寒川神社という場所。
    親戚の家の近くなので毎年初詣はそこに行きます。

    どうでもいいことですが、過度なポンポンペインによって神社のトイレを混雑させたのはこの私だっ!




    さらにどうでもいいこと→明日から大学始まる
    [ 2013/01/06 23:59 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。