FC2ブログ







    February 9, 2016 Today’s Card !!

    Today’s Card はこれだっ!


    《ブラスター・アックス》
    20160209-1.png

    《ブラスター・レイピア》
    20160209-2.png

    《ブラスター・ダガー》
    20160209-3.png

    《グレイミュー》
    20160209-4.png

    《アビス・サモナー》

    20160209-5.png


    『刃華超克』に収録する『シャドウパラディン』のカードです。

    能力について
    《ブラスター・アックス》
    能力がないので割愛。
    名称『ブラスター』を重要視するデッキなら使い道があるでしょう。

    《ブラスター・レイピア》
    Vヒット時に『ブラスター』のエスペシャルCB1コストでデッキからグレード1以下を1枚コールする能力を持っています。

    グレード1以下ならなんでもコールすることができます。
    デッキからコール時にドローできる《黒翼のソードブレイカー》や、Vが『ブラスター』なら《ダークハート・トランペッター》、V指定はありますが《ダーククォーツ・ドラゴン》、グレード2ですがVが『Diablo』なら《ダークサーガ・ペインター》などもコールできます。

    昨今にしては珍しくGBなどの制限がないので序盤から利用でき、さらにV/R能力なのでライドしても使用できます。
    ライドしておけばグレード3になったときにソウルに入るので、ソウルの『ブラスター』の枚数で強力になる《ガスト・ブラスター・ドラゴン》と相性がいいと言えるでしょう。

    コストとして『ブラスター』のエスペシャルCB1が必要になります。
    シャドパラに『ブラスター』が多いとは言っても、デッキのトリガー全部を『ブラスター』には出来ないので(刃華超克で出るかもしれませんが)コストの工面には苦労するかもしれません。
    グレード1に増えるといいですが。
    コスト工面は『完全ガードG』など。《黒鎖炎舞陣 ホエル》があるならこのカードの効果で《黒鎖霊舞陣 カエダン》をコールすればCCできます。

    発動するにはVヒットさせる必要があるのでファイト後半になると使用するのが難しくなります。
    コストが払えるなら序盤から積極的に発動を狙い、かつガード強要をしていきたいところです。

    このカードも『ブラスター』名称を持つのでダメージに行った場合は同名カードのコストとして使えます。
    《フルバウ・ブレイブ》やガストブラスターぐらいであまり恩恵はないですが。

    エクストリームファイトなら『マジェスティロード・ブラスター』を合わせるのも面白いでしょう。ロイパラと合わせれば『ブラスター』の数もかなり多くなると思うので。

    《ブラスター・ダガー》
    『ブラスター』名称をブーストした時に、『ブラスター』のエスペシャルSB1で11kブーストを行う能力を持っています。

    ブーストパワー11kとなかなか高パワーでブーストが行えます。
    《ブラスター・アックス》やグレード3の『ブラスター』をブーストすることで21kラインでアタックできます。
    VやRを問いませんが、Gユニットなどで高パワーになりがちなVよりもRで使うほうが多くなるでしょう。

    グレード1なのでシャドパラのスペリオルコールを使えばコールしやすいので少なめの枚数で投入しても機能すると思います。

    コストとして『ブラスター』のエスペシャルSB1が必要になります。
    コストで置ける『ブラスター』は《フルバウ・ブレイブ》ぐらいなので安定してコストを用意するのは難しいです。『ブラスター』を多くしてライドしておきたいところです。
    SBというコストはソードブレイカー、ダークハート・トランペッター、《覇道黒竜 オーラガイザー・ドラゴン》、《ファントム・ブラスター・ドラゴン》のブレイクライドコストなど競合先は少ないですが優秀なカード達と競合します。
    ソウルを増やせるのはライドと、ソウルに置くタイプのFV、ホエルぐらいなので上記のSBコスト持つカードを差し置いてこのカードのコストに割くというのはなかなか厳しいものがあります。

    このカードも『ブラスター』名称を持つのでガストブラスターの能力アップやブラスターレイピアのコストの条件を満たしたりできます。
    特にガストブラスターなら能力が使用できるかできないかに関わらずソウルの『ブラスター』要員として採用する余地がありそうです。

    こちらもエクストリームファイトで『マジェスティロード・ブラスター』と合わせてみるのもいいでしょう。
    マジェならアタック時効果でソウルを一度に2枚増やせるのでSBコストもある程度賄えます。(マジェの永続12kを満たしながら行う必要がありますが)

    《グレイミュー》
    R登場時、Vが『クラレットソード・ドラゴン』名称ならCB1とSB1をコストにデッキからグレード1以下を1枚コールし、コールターン中コールユニットと自身にパワー+2kするGB1能力を持っています。

    グレード1以下をコールできるので《覇道黒竜 クラレットソード・ドラゴン》のGB2能力や、『オーガイザー』2種の退却コストを確保するのに役立ちます。
    退却コストにせずともリアガードを手札を使わずに補充できるのでアタッカーやブースト役として利用するのもいいでしょう。
    このカードがグレード2なので、このカードの後列にコールすれば縦一列用意することができます。

    上述したソードブレイカーやダーククォーツをコールすることで追加効果を利用できます。前者なら1ドロー、後者ならVとダーククォーツをパワーアップできます。
    デッキ構築が難しくなりますが、退却コスト2枚分にできる《新鋭の騎士 ダヴィド》をコールするのもいいでしょう。オーラガイザードラゴンやクラレットソードの退却コストを1枚で賄えます。

    クラレットソードに《暗黒竜 ファントム・ブラスター Diablo》が超越している状況ならば、『ブラスター』名称を活かすことができるのでダークハート・トランペッターや《真黒の賢者 カロン》も選択肢となります。

    自身とコールしたユニットのパワーを+2kする能力も備えています。
    自身は11kになり、単独で11kVにアタックヒットを狙うことができるようになり、16kを作るのが簡単になります。
    グレード1パワー8kを入れているのであれば、それを後列にコールし10kブーストとすることで21kラインを作ることもできます。上記のダーククォーツなら自力で3kパワーアップし、ブーストパワー12kとなり、前列が9k以上なら21kになることができるので強力なブースト役として役立つでしょう。
    GB1バニホなど単独で12kになれる前列があれば、その後列に7kをコールし、9kブーストで21kラインを作るということもできます。

    コストとしてCB1SB1があります。
    シャドパラのCBは、スペリオルコール効果、Vの能力などで使用するので競合は免れないでしょう。一緒に紹介されている《アビス・サモナー》や『完全ガードG』などで賄いたいところです。
    『クラレットソード・ドラゴン』限定ですが、《ダークプライド・ドラゴン》を退却コストにして、ダーククォーツをコールできればCC1が行えます。

    SBに関しても優秀なドローカードであるソードブレイカー、オーラガイザードラゴンで消費します。
    ダヴィドをFVにしているとソウルに置けず、最低限ライド枚数の2枚しかソウルを確保できない場合はあるので、アビス・サモナーや《ハウル・オウル》などで上手く賄いましょう。

    条件として『クラレットソード・ドラゴン』Vが必要になります。『クラレットソード・ドラゴン』自体はシシルス互換に対応しているのでライド成功率は比較的高いので『クラレットソード・ドラゴン』をメインとしたデッキならば特に問題はないでしょう。

    GB1の発動制限があります。
    登場時効果なのでGB1を満たす前にコールしてしまうと能力なしになってしまうのが難点。
    効果を重要視するなら、序盤のアタッカーとして参加させることができないからです。

    《アビス・サモナー》
    能力のコストで他のリアガードが退却した時、Vが『クラレットソード・ドラゴン』ならCC1SC1し、そのターン中パワー+3kするGB1能力を持っています。

    退却コストを賄うことはできませんがコスト回復が行えます。
    CC1することによって、《闇夜の乙女 マーハ》などのスペリオルコール効果や『オーラガイザー』2種の効果などのコストを補うことができます。
    昨今のシャドパラはCB1が多いので、CC1だけでも効果の使用回数が1回増えることになり、非常に便利です。

    SCはシャドパラにはあまり見られない効果です。
    ソードブレイカーやオーラガイザードラゴン、一緒に紹介されているグレイミューなどのSBコストを賄うことができます。
    こちらも大抵の場合消費はSB1なので、SC1することで1回多く効果を使用できる計算になります。

    パワーが+3kされる能力もあります。
    10kブーストを行うことができるので、能力を使用したグレイミューやGB1バニホ互換などをブーストすれば21kラインを作ることができるので有効的に使いたいところ。

    公式サイトによると他のカードと一緒にこのカードも退却させた場合でも効果が発動するそうです。
    いざというときには、2枚退却や3枚退却に巻き込んでしまいましょう。

    コストは必要ありませんが、Vに『クラレットソード・ドラゴン』が必要になります。
    グレイミューのところでも書いたとおり『クラレットソード・ドラゴン』にライドするのはそれほど難しくなく、シシルス互換があり簡単なほうなので問題ないでしょう。

    GB1の制限がありますが、『クラレットソード・ドラゴン』が退却コストを要求しだすのは基本的にこれを満たした後なのでこちらもそんなに問題ないでしょう。
    場にあれば機能するので序盤からブースト役としてコールして使っていくといいと思います。

    デメリット
    《ブラスター・アックス》
    特にありません。というより入れるメリットを何か見出さないと、優秀なグレード2ばかりなシャドパラで採用は難しいでしょう。

    《ブラスター・レイピア》

    効果は非常に優秀ですが、やはりコストを用意できるのかというのがあります。

    《ブラスター・ダガー》
    こちらも11kブーストは強力なブーストパワーと言えますが、コストが問題。
    ソウルが減るのでガストブラスターとの相性も悪いのがなぁ。

    《グレイミュー》
    効果は優秀ですがGB1登場時効果というのがなかなかネック。
    とは言え、効果は強力なので『クラレットソード・ドラゴン』をメインとしたデッキなら優先的に投入してもいいでしょう。

    《アビス・サモナー》
    特にありません。コスト回復が優秀なので、こちらもグレイミューと同様『クラレットソード・ドラゴン』をメインとしたデッキなら優先的に採用していいでしょう。




















    ブラスターにクラレットソード強化とはびっくり
    スポンサーサイト



    [ 2016/02/09 23:59 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://phan106.blog.fc2.com/tb.php/1251-c229e37c