FC2ブログ







    February 26, 2016 Today’s Card !!

    Today’s Card はこれだっ!


    《超重戦車 ティーガー・センチュリオン》
    20160226.png


    『ファイターズコレクション2016』に収録する『スパイクブラザーズ』のカードです。

    能力について
    CB1コストで『突撃』を持つリアガードを好きなだけ突撃状態にし、この効果で選んだユニット以外の自分のリアガードを5枚まで選んでパワー+2kする能力を持っています。

    早い話が『突撃』持ちの『突撃』を全て有効化できる効果と言っていいでしょう。
    本来『突撃』はカードの効果によってRに登場させた時しかその状態にはなりませんが、このカードを使えば、すでに場に出ている『突撃』持ち、手札にありノーマルコールする予定の『突撃』持ちなどを有効化できます。

    『突撃』を有効化することで高パワーになれる《ブルドーザー・ドーブ》、《コー・ホー》《ムードメイカー にゃんるーく》、ヒット時効果によってガード強要を行える《コバルト・インパルス》、比較的手軽にCC1とSC1が行える醒トリガー《デビル・ウォッチ》などが手軽に利用できるようになります。

    一方選ばなかったリアガードにはパワー+2kが与えられます。
    微々たる量ですが《ハイスピード・ブラッキー》が効果使用で単独16kになれたり、グレード2の9kや10kが11kラインになれるので相手Vに単独でヒットを狙えるようになったりします。
    単純に7kブーストが9kブーストになるっていうのも地味ながら強力なポイントです。グレード1・8kの《ワンダー・ボーイ》も『スパイクブラザーズ』では採用されやすいので、それならば10kブーストになることもできます。

    『突撃』持ちを『好きなだけ』選べるので、『突撃』を持っているけどあえて有効化しないという選択を取ることもできます。
    『突撃』は有効化した後、バトルに参加するとデッキに戻ってしまうので臨機応変に対応しましょう。
    もちろん、選ばなかった『突撃』持ちもパワー+2kの恩恵を受けることができるのでご安心を。

    コストとしてCB1が必要になります。
    『スパイク』はGユニットの能力のコスト、《逸材 ライジング・ノヴァ》を使うなら超越ボーナス、追撃として強力な効果を持つ《ダッドリー・メイソン》、《ウインクキラー・ミザリー》、前列空け要員《マシンガン・グロリア》などなど基本的にCB1ですが結構競合しています。
    CC手段は『完全ガードG』、『レッドライトニング互換』の《サイレンス・ジョーカー》、バトル中にコールすることによってCC1/SC1ができる《ジャンボ・ザ・スタンガン》、上記した『突撃』持ち醒トリガーの《デビル・ウォッチ》など、少々少ないですが無理なく組み込めるカードではあると思うので、コスト対策をしておきたいところ。

    デメリット
    このカード自体は『スパイク』が得意としている連続コールからのアタックラッシュが出来ないので、他のリアガードやライジングノヴァが付与する超越ボーナスなどに頼ることになります。

    用途が違うので、他のGユニットと上手く使い分けましょう。
















    更新忘れてました、ごめんなさい。
    スポンサーサイト



    [ 2016/02/28 16:25 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://phan106.blog.fc2.com/tb.php/1263-e1e5aef4