スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    【祝☆復活】抹消者デッキ【ディセガント】

    みなさんいかがお過ごしでしょう。『天舞竜神』楽しんでますか?
    お久しぶりのデッキレシピのお時間です。

    今回は、ついに復活した古代の超兵器『ディセガント』こと『なるかみ』の『抹消者』デッキとなります。
    とりあえず、デッキレシピをば


    ■Gゾーン 16枚
    ④《真・抹消者 ドラゴニック・ディセンダント "Z"》
    ③《真・抹消者 フィニッシュブロー・ドラゴン》
    ③《征天覇竜 ドラゴニック・ヴァンキッシャー "VOLTAGE"》
    ①《征天覇竜 ドラゴニック・ヴァンキッシャー "V-MAX"》
    ②《征天覇竜 コンクエスト・ドラゴン》
    ①《エアーエレメント シブリーズ》
    ①《ライトエレメント アグリーム》
    ①《メタルエレメント スクリュー》

    ■グレード3 8枚
    ④《抹消者 ドラゴニック・ディセンダント》
    ④《抹消者 ガントレッドバスター・ドラゴン》

    ■グレード2 11枚
    ④《妖剣の抹消者 チョウオウ》
    ④《両刀の抹消者 コエンシャク》
    ③《抹消者 ドラゴニック・デスサイズ》

    ■グレード1 14枚
    ④《抹消者 ワイバーンガード ガルド》
    ②《ライジング・フェニックス》
    ③《マイティボルト・ドラグーン》
    ③《怨毒の抹消者 セイオウボ》
    ②《抹消者 ストライクスラッシャー・ドラゴン》

    ■グレード0 17枚
    ①《伏竜の抹消者 リンチュウ》 FV
    ④《電離の抹消者 カプーニス》☆
    ④☆
    ④引
    ④治


    続きで、採用カードについてだらだらと書いてます。


    ■グレード3について
    『新世代ディセガント』ということで、グレード3はすんなり決まりました。

    《抹消者 ドラゴニック・ディセンダント》
    20130215.jpg

    特殊部隊『抹消者』の指揮官にして、今回のデッキのメイングレード3。
    ヒットしなかったらVスタンドを行うLB4を持ち、規制経験もある非常に強力なヴァンガード……でした。
    以前は、それまでの環境デッキを蹴散らして相方と一緒に『ディセガント』と称して環境を支配していたことも。

    現在は、たとえこのパワーでVスタンドしてもGガーディアンにか〜るく受け流されてしまうのでパワー不足感は否めません。
    出来る限り『超越』で戦いましょう。

    《抹消者 ガントレッドバスター・ドラゴン》
    20130128.jpg

    『ディセンダントの相方と言えば、やはり俺様に限る!専用Gユニットもいるぜ!ガハハハ!』

    ご存知、『ディセガント』のガントの方。ディセが規制される傍ら、☆が大量に重なった状態で、真っ向から文字通りブチのめしていた過去を持つ。
    2点からゲームエンドしたこともあったかな。

    今回のデッキの場合、ディセンダントZが使えなくなるので、あくまでサブです。

    ■グレード2について
    入れたいカードが多く悩みどころ。

    《妖剣の抹消者 チョウオウ》
    20130403-02.jpg

    ディセ規制後、ガントレッドバスターがメインを張ることが多くなったディセガントにもたらされたまさかのCB消費なしで除去を行う、当時のバグカード。もちろん、ガントレッドバスターの☆アップ効果と相性抜群。

    さらに、コストがライフェニのコストを供給できるという意味の分からないシナジー(当時)があり、『なるかみ』の弱点である手札及びリアガードを効果で増やすのが不得意の解消に一役買っていた、縁の下の力持ち。

    時代は違えどやる事は一緒です。相手リアガードを除去、妨害します。『ガントレッドバスターのお友達』もパワーアップできます。
    もちろん、ライフェニとの相性は健在。ディセZがソウルを必要とするので、ライフェニとの両立にも役立ちます。

    《両刀の抹消者 コエンシャク》
    【自】【(R)】【ターン1回】:あなたのカードの効果で、相手のリアガードがドロップゾーンに置かれた時、あなたのカード名に「抹消者」を含むヴァンガードがいるなら、『すべてのファイターは自分のリアガードを1枚選び、退却させる。』をしてよい。(各ターンで1回目のみプレイできる)

    『ヴァンガードG』になってからチマチマ追加された『抹消者』の残党。
    効果を見るとブラックホール侍こと《抹消者 テンペストボルト・ドラゴン》のお仲間。

    単純に除去を水増しするだけでなく、フィニッシュブローの火力アップに役立ちます。
    自分のリアガードは出来ればカプーニスを殺☆害

    《抹消者 ドラゴニック・デスサイズ》
    20161014.png

    汎用性の高さから使われるもののファイターから『なんでお前とライフェニは抹消者じゃないねん!』と叱られる時もあった、デスサイズさんも3年の時を経て晴れて『抹消者』に。

    まさかの『ディセンダント』がVにあるときに2種類の除去を行うというシナジーもヘッタクレもない効果となっています。文句を言われた腹いせか?

    しかし、ハーツが『ディセンダント』でもフィニッシュブローさんは通常通り使えるので、それを活かせます。

    自力でソウルに入れるのでディセZコスト調達にも使えます。

    ■グレード1について
    こちらも『完全ガード』と『シシルス互換』以外は悩みどころです。

    《抹消者 ワイバーンガード ガルド》
    20130227.jpg

    『普通のガルド買っといた奴らざまぁww』こと、名称『完全ガード』
    発売当初2000超えというRR最高値を叩き出したのではという話も。

    今回のデッキの場合、それほどCBコストをバカバカ使わず、カプーニスのサーチや、たま〜に名称を要求されるので『完全ガードG』ではなくガルドくんを採用。

    最近またリメイクされたけど見なかったことにする。

    《マイティボルト・ドラグーン》
    大正義『シシルス互換』
    今回のデッキのグレード3のお二人さんは現環境で超越せずに戦えるほど強くないので、超越回数の底上げに。

    《ライジング・フェニックス》
    20130605.jpg

    大正義『ライフェニ互換』本人。
    かつては、このカードを何回使えたかで『抹消者』同士の決着は決まると言われていたカード。

    『抹消者』にとって貴重な手札をもたらすカード。
    さすがに、チョウオウ、デスサイズ、ストライクスラッシャーがいるとはいえ、ディセZとコストがもろ被りするの枚数は控えめにしてみた。

    最近『抹消者』デビューしたっぽいけど本人か不明。そっくりさんかも。

    《怨毒の抹消者 セイオウボ》
    20161019-3.png

    帰ってきたモンスター娘こと、セイオウボ様。
    ディセがアタックした時に自身と他のカードに4kパンプを行う効果です。
    縦列計算すると15kブーストが可能な強力後列、チョウオウがトリガーなしで24kで殴ってくると考えるとその強さは伺えます。
    シュキくんの時代は終わった。

    《抹消者 ストライクスラッシャー・ドラゴン》
    【自】【(R)】【Gブレイク】(1):このユニットがブーストしたバトル中、アタックがヴァンガードにヒットした時、あなたの「ディセンダント」を含むヴァンガードがいるなら、【カウンターチャージ】(1)。
    【自】【(R)】【ターン1回】:あなたの「ディセンダント」を含むヴァンガードがヴァンガードにアタックしたバトルの終了時、アタックがヒットしていなかったら、【ソウルチャージ】(1)してよい。


    発売間近まで隠されていたストライクダガードラゴンの成長した姿(たぶんね)

    『ザ・コスト確保』という言葉に相応しく、ディセのヒットの有無によってCCとSCを行える潤滑油。

    ■グレード0について
    こちらはそれほど迷いませんでした。トリガーバランスぐらいかな。

    《伏竜の抹消者 リンチュウ》
    20130129.jpg

    大正義、『抹消者』の初代FVにして頂点。
    使えるようになった段階からVが圧力をかけてくる、非常に嫌らしいカード。
    相手先駆FVを抹殺する兵器。

    新規『抹消者』FVは無能の一言、殺意が足りない。

    《電離の抹消者 カプーニス》
    【自】:あなたのカードの効果で、このユニットが(R)からドロップゾーンに置かれた時、あなたの山札の上から3枚見て、カード名に「抹消者」を含むカードを1枚まで探し、相手に見せ、手札に加え、このカードを山札に戻し、その山札をシャッフルする。

    『抹消者』には珍しい能力持ち☆トリガー。
    自分のカード効果によって退却したらデッキトップサーチが発動するドM

    コエンシャクで巻き込めば間違いなくコエンシャクのデメリットを帳消しにしてくれる。

    トリガーについて
    『☆8引4治4』
    オーソドックスな配分にしてみました。

    しかし、『抹消者』は手札の増強が不得意中の不得意であり、吸い込んだり、殺☆害したり、自力で吸い込まれたりする奴いるので、手札増強の意味でも引トリガーを増やすのはアリだと思います。

    それとは逆に、『俺が4ノー、3ノーさせる実力あんのになんで引増やすねん!?』というディセの声に従うのであれば、☆を増やすのもいいと思います。
    その場合、チョウオウとかが抜けるのかなぁ。

    ■Gゾーン
    『抹消者』にとって『なるかみ』のGガーディアンはゴミしかいないので、選ぶのが大変でした。

    《真・抹消者 ドラゴニック・ディセンダント "Z"》
    【起】【(V)】【ターン1回】:[あなたのGゾーンから裏の「真・抹消者 ドラゴニック・ディセンダント“Z”」を1枚選び、表にする] あなたの「ディセンダント」を含むハーツカードがあるなら、そのターン中、このユニットは『【自】【(V)】【ターン1回】:[【カウンターブラスト】(1),【ソウルブラスト】(2),あなたの手札から3枚選び、捨てる] このユニットがヴァンガードにアタックしたバトルの終了時、アタックがヒットしていなかったら、コストを払ってよい。払ったら、このユニットを【スタンド】し、そのターン中、ドライブ-1。』を得る。

    ディセの未来における可能性の姿。設定によると二振りの黙示録の剣が一つとなった剣を振るい、大部隊となった『抹消者』の指揮官をしているようです。

    能力はというと、ディセンダントをそのままGユニットにしたような能力です。
    Gユニットとしてのパワー、ドライブチェックは3→2と非常に強力。
    まさに、ディセンダントの正当進化形態と言えるでしょう。

    Gペルソナ持ちなので4枚フル投入しております。

    《真・抹消者 フィニッシュブロー・ドラゴン》
    20151106.png

    『ガントレッドバスター』のお友達。
    能力はそのままガントレッドバスターをGユニットにしたような、☆とパワーアップ能力です。

    ハーツがディセでも使えるので、先乗りからのGガーディアン使用、GB2達成なら1回目から切り込んでいけます。
    ディセと直接シナジーのないデスサイズも上手く利用できます。

    グレード3ライドまでにディセを引けず、ガントレッドバスターにライドする場合は、ハーツボーナスもあり一転して主力になります。
    指定カードなしのGペルソナなので、枚数を調整しております。

    《征天覇竜 ドラゴニック・ヴァンキッシャー "VOLTAGE"》
    【起】【(V)】【ターン1回】:[あなたのGゾーンから裏の「征天覇竜 ドラゴニック・ヴァンキッシャー “VOLTAGE”」を1枚選び、表にする] そのターン中、このユニットは『【自】【(V)】:このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、相手は自分のリアガードを1枚選び、退却させ、あなたは相手のドロップゾーンから2枚まで選び、表でバインドする。』『【永】【(V)】【Gブレイク】(3):あなたのターン中、相手のバインドゾーン1枚につき、あなたの前列のユニットすべてのパワー+3000。』を得る。

    ヴァンキッシャーの未来の姿。
    V-MAX要員。

    もっと書くと、『まだディセZになるほどでもない』『フィニッシュブローしたいけど、除去カードとかGB2とかで、できない』とか、とにかく何に超越するか迷った時に取り敢えず超越してガード強要or除去を行っておく役目があります。
    まあ、ダメージによってはいきなりディセンダントZでもいいんですが。

    基本的に1回しか超越しないと考えているのでGペルソナの1セット分と、V-MAXの破壊力底上げのために3枚です。
    フィニッシュブローで積極的に表にしていく。

    《征天覇竜 ドラゴニック・ヴァンキッシャー "V-MAX"》
    20161113.jpg

    雷激5による効果ダメージと複数Rサークルを狙った同時アタック能力を持つ、ヴァンキッシャーの未来その2。

    まあ、雷激5は『抹消者』ではどうしようもないのでスルー。

    全体アタックのために入れています。
    と言っても私が使いたいだけで、VOLTAGE3枚目と一緒にコンクエストにしたほうがいいと思います。

    《征天覇竜 コンクエスト・ドラゴン》
    20150206.png

    Gペルソナによって前列1枚除去と、全列全てのパワーを相手の空いている前列R一つにつき5kアップさせる能力を持つ、G環境『なるかみ』元祖切り札。

    リアガードも適当に配置するだけでトリガーなしで27kとか平気で出力できるようになるので、影のフィニッシャー。

    ヴァンキッシャー一族よりも強いと思ってる。

    《エアーエレメント シブリーズ》
    ライドスキップ戦法や相手事故った時にいじめるために用意。
    様式美。

    フィニッシュブローで積極的に表にしていく。

    《ライトエレメント アグリーム》
    手札交換能力を持つGガーディアン。ディズメルよりはこっちかなって思って採用。
    特別守りたいリアガードもいないし。

    《メタルエレメント スクリュー》
    手札1枚をコストに25kガードになるGガーディアン。
    上記した通り『抹消者』にとって『なるかみ』のGガーディアンはゴミ揃いなので、クレイエレメンタルで高いシールドを出力できるこのカードを採用してみた。

    ■改善点
    このレシピ、今日友人とファイトする前に組んでいたものだったので、結構な回数回してみると色々改善点が見えたので改善する予定です。
    来週WGP2016東京大会あるんで、ちょっと微調整してから遊んできます。と言っても当日参加の大会に出るだけですが。
    結果を何か書くかもしれません。

    16年11月14日 追記
    コメントありがとうございます!追記にて返信させていただきます。
    改善をぼかしていたのは、事細かに書きたくなかったので、その辺りはご容赦ください。

    >>フィニッシュブローとコンクエストについて
    私もフィニッシュブローは枚数多いし、コンクエストは4枚必要だなぁとデッキを回してみて思いました。
    コンクエストが4枚になるようにGゾーンは調整する予定です。

    >>ボルテージホーン、チャトゥラについて
    正直なところ、この2種の新時代の『なるかみ』は私も採用するかどうか悩みました。
    非名称ですが、どちらも強力なカードなので。

    今回はチョウオウ、コエンシャク、カプーニス、そしてガルドに注目して『抹消者』重視で作ってみましたが、ボルテージホーン、チャトゥラを入れるのも全然アリだと思います。

    除去をボルテージホーンに任せることでコエンシャクが抜け、非名称を入れたことによってチョウオウを抜き、そこにチャトゥラを入れ、チョウオウでソウル稼げないからライフェニも抜けるけど、そこはチャトゥラのドローでカバーする、というような方向にシフトできると思います。(どうせライフェニは1回しか使わないといった感じで)

    コエンシャクが抜けるとカプーニスも抜けるので、ガルドにする必要がなくなり完全ガードGが入るようになり、ボルテージホーンとチャトゥラのCB事情も少しは融通が効くようになります。

    個人的にはG1セイオウボとの相性が強力なバニホ互換も入れてみたいところです。

    参考にさせていただきます、ありがとうございます!
    スポンサーサイト
    [ 2016/11/13 23:57 ] ヴァンガード | TB(0) | CM(1)

    コエンシャクをボルテージホーンに変えたらどうかな
    というかなんならチャトゥラも投入できるんじゃなかろうか?
    どれかしろ1バインドできればシールド増えないGガーディアン使わなくても良いので便利だと思います
    あとコンクエストはCB切れた時の戦術を考えると4枚あると便利かと思います。見た感じフィニッシュブローの枚数が多い気がするので
    [ 2016/11/14 00:27 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://phan106.blog.fc2.com/tb.php/1441-4bf77a71








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。