スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    November 30, 2016 Today’s Card !!

    Today’s Card はこれだっ!


    《神衛聖騎士 イグレイン》
    20161130-1.png

    《臨戦の騎士 ポレックス》

    20161130-2.png


    キャラクターブースター第1弾『トライスリーNEXT』に収録する『ロイヤルパラディン』のカードです。

    能力について
    《神衛聖騎士 イグレイン》

    シールド+5kするGB1『勇敢』能力。
    G登場時、Vが『アルトマイル』ならSB1コストでシールド+10kする能力。
    二つの能力を持っています。

    一つ目の能力は『勇敢』を満たすことでシールドが20kとなる能力です。
    自分のVが11kならガードパワー31kとなり、ほとんどのリアガードアタックは止められるでしょう。
    Gユニット相手だと分が悪いので、二つ目の能力を使えないのなら、『守護者』を利用するか、追加のガーディアン、他のGガーディアンを使用したほうがいいでしょう。

    発動条件は『勇敢』とGB1です。
    『勇敢』能力を活用する場合、必然的に相手ターン中も手札枚数が苦しい場合が多いと思われるので、自分のターン中の『勇敢』よりかは満たしやすいと思います。
    永続能力なので、このカードをGにコールした後に、『勇敢』を満たした場合でもシールドアップが間に合います。
    つまり、コールしたタイミングで手札が4枚以上でも、追加のガーディアンを手札からコールして3枚以下になれば、有効化されます。

    GB1を満たす必要があります。
    Gガーディアンはお互いがグレード3以上でなければ使えず、これは超越と同じなのであまり問題ではないでしょう。
    しかし、相手が先に超越した時、自分はまだGB1は満たせていないので、相手の初回超越に利用しようとするとこの能力は使えないので注意。

    二つ目の能力は条件を満たすことで25kシールドになる能力です。
    一つ目の能力と合わせれば30kガードになります。Vが41kの防御力となるので、26kや31kのGユニット相手でも強固なガードになります。
    一つ目の能力がなく、25kだけでも36kになるので相手の26kアタック程度なら十分なガードになるでしょう。

    コストとしてSB1が必要です。
    《スターライト・ヴァイオリニスト》や《希望の剣 リシャール》、デッキによっては『れもねーど互換』、『アルトマイル』なら《風雅の騎士 ベニゼール》など競合するカードはそれほど多くはないですが、優秀なものが揃っています。
    SC能力の持つカードは少ないので『ソウルに置く』能力を利用してソウルを確保したいところ。

    発動条件としてVに『アルトマイル』が必要になります。
    相手ターン中に使用するので、『アルトマイル』名称のグレード3専用の能力となります。
    ライドサポートがあり、グレード3全てを『アルトマイル』にすることも可能なので、Vに用意するのは簡単です。

    《臨戦の騎士 ポレックス》
    R登場時、『アルトマイル』名称のVならパワー+5kする『勇敢』能力を持っています。

    能力を発動すれば単独12kとなります。
    12kのブーストがあれば、前列パワー9k以上で21kラインを作ることができます。
    ブーストだけでなく、パワーが12kもあれば前列を担当することもできます。と言っても最近の『ロイヤルパラディン』はグレード2のコールが特に長けているので前列が足りないといったことはないかもしれませんが。

    発動条件としてVに『アルトマイル』が必要になります。上記した通り、『アルトマイル』デッキなら、『アルトマイル』をVに用意するのは非常に簡単です。
    GBはなく序盤の速攻戦術で使いたいところですが、残念ながらグレード3未満の『アルトマイル』はいません。
    『アルトマイル』にライドしたターンから使用可能なので、自分が先攻で相手が先に超越する場合は、グレード3ライドターンで一気にラッシュをかけてみてもいいと思います。

    ハーツに関わらず使用できる《飛天の聖騎士 アルトマイル》に超越すれば他のデッキでも使用可能です。
    限定的すぎるので控えたほうがいいと思いますが、どうしても12kブーストが欲しいならといった感じです。

    『勇敢』を満たす必要もあります。
    登場した時に手札が3枚以下なら満たすことができるので、他の『勇敢』よりいくらか調整がしやすいと思います。
    例えば手札からコールする場合は、コール順番を最後にしたりするといった工夫ができます。

    デメリット
    《神衛聖騎士 イグレイン》

    実質的に『アルトマイル』専用な点。『アルトマイル』以外で使用するとなると『勇敢』とGB1のめんどくささから、より簡単な条件で20kシールドを出力できる《神聖竜 レーザーガード・ドラゴン》でいいので。

    逆に『アルトマイル』デッキだと高いシールドを出力できるGガーディアンとして活躍できるでしょう。

    《臨戦の騎士 ポレックス》
    登場したターンしかパワーアップしない点。当たり前ですが。
    以降のターンでは能力を持たないカードになってしまいます。(勇敢持ちをパワーアップさせるカードがあった気がしますが)

    『ロイヤルパラディン』のグレード1の選択肢が多く、それは『アルトマイル』デッキでも変わらないので、投入する余地があるかどうか。














    ホーリーナイトガーディアンさんようやく名前が判明したね
    スポンサーサイト
    [ 2016/11/30 23:59 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://phan106.blog.fc2.com/tb.php/1453-0e6d9695








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。