スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    December 5, 2016 Today’s Card !!

    Today’s Card はこれだっ!


    《刻獣シフトバレット・ドラゴン》
    20161205.png


    キャラクターブースター第1弾『トライスリーNEXT』に収録する『ギアクロニクル』のカードです。

    能力について
    自分のターン終了時にCB1と自身の退却をコストに、デッキからカード名の異なる『クロノジェット』名称のカードを2枚まで選び、1枚はコール、1枚は手札に加えるGB2能力。
    『クロノジェット』名称のVがアタックした時、パワー+2kする能力。
    二つの能力を持っています。

    一つ目の能力は『クロノジェット』をスペリオルコール&手札に加える能力です。

    現状『クロノジェット』は全てグレード3であり、手札に加えることで次のターン以降の超越コストに最適です。
    シールドがないことから、『完全ガード』のコストにしてしまうのもいいでしょう。

    手札に加えなかった方はスペリオルコールされます。
    ターンの終わりにグレード3をスペリオルコールしてもイマイチ感がありますが、パワーが11kあるので次のターン以降のアタッカーとして活躍できます。

    スペリオルコールした『クロノジェット』は《時空竜 クロスオーバー・ドラゴン》のVスタンドコストとして使用するという使い方もあります。
    と言っても、クロスオーバードラゴンは自力でコストを確保できるので、必ずしもこのカードが必要とは言えませんが。

    ターン終了時にスペリオルコールされるので、処理順番を工夫して、『時翔』から帰ってくるリアガードで強引に上書きして、即座にドロップに落とすことができます。
    《ハイブロースチーム アルリム》をどうしても利用したい場合は、アドバンテージが1枚分無駄になりますが、こんな使い方もあります。

    コストとして、CB1と自身の退却が必要になります。
    CBコストについては、『ギアクロニクル』は主にV能力や『時翔』のコストで消費しますが、ほとんどがCB1で非常にリーズナブルなので、『完全ガードG』だけでも十分賄えるでしょう。
    さすがにたくさん入れると競合しますが、その辺はデッキと相談で。

    自身の退却については、直後に『クロノジェット』がスペリオルコールされれば減ったリアガードが即座に戻るのでトントンです。
    前列で使用していた場合、インターセプトがなくなるのでその点は注意しましょう。

    ターン終了時に発動するので、『時翔』でこのカード自身が戻ってきた時及び、このカードが『時翔』でデッキからスペリオルコールされている場合、処理によってデッキに戻る前に発動させることができます。
    後者の場合、このカードをスペリオルコールするためにバインドしたカードが戻ってこなくなるので注意。

    二つ目の能力は『クロノジェット』名称のVがアタックしたから、パワー+2kされる能力です。

    1回発動すれば11kとなり、単独で11kVへアタックすることができます。
    『時翔』での連続アタックを駆使する『ギアクロニクル』なら、単発のアタックでも有効的です。

    また、『クロノジェット』をハーツ化した《クロノドラゴン・ネクステージ》のように、何らかの効果でVが複数回アタックできるなら、アタックした分だけ上がります。
    4k上がって13kではまだあまりパッとしませんが、このカードは《十二支刻獣》なので、《クロノジェット・ドラゴン・G》や《超刻獣 スプリット・ペガサス》のようなパワーアップ能力を併用することで16kラインに届かせることができるでしょう。

    デメリット
    デッキに『クロノジェット』が別名で2種類ないといけない点。
    《クロノジェット・ドラゴン》及び《クロノジェット・ドラゴン・G》は強力なグレード3であり、4枚ずつ入れて『クロノジェット』8枚体制にすることもできますので、そのようなデッキの場合は《遡る時乙女 ウルル》や《ハイブロースチーム アルリム》のようなドロップカードをデッキに戻せるカードを利用すれば、スペリオルコールする『クロノジェット』がデッキから枯渇することはまずないですが、そうではない『クロノジェット』以外のグレード3も入っているデッキの場合は別名の『クロノジェット』が2種類デッキにない場面というのも出て来ると思います。

    このカードのデメリットではありませんが、『ギアクロニクル』はグレード2の投入候補が大量にあります。
    ターン終了時というタイミング的にも『時翔』で必要に応じて使うのがベストだと思います。





















    なんかイラストがディメポじゃんって言われても違和感ない感じある
    スポンサーサイト
    [ 2016/12/05 23:47 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://phan106.blog.fc2.com/tb.php/1456-b611f3ee








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。