スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    December 12, 2016 Today’s Card !!

    昨日のカードはこれでした


    《バトルシスター まどれーぬ》
    20161212-1.png

    《バトルシスター こんぽーと》

    20161212-2.png


    キャラクターブースター第2弾『俺達!!!トリニティドラゴン』に収録する『オラクルシンクタンク』のカードです。

    能力について
    《バトルシスター まどれーぬ》

    相手ターンの終了時、自分の『バトルシスター』ユニットが3枚以上&手札3枚以下なら、『バトルシスター』のエスペシャルCB1コストで、1ドローするGB2能力。
    元々のカード名に『バトルシスター』を含むGユニットが超越した時、V1枚に『『バトルシスター』名称のリアガードのアタックがヒットしなかったらSB1コストでCC1する』を与える超越ボーナス。
    二つの能力を持っています。

    一つ目の能力は相手ターンの終了時に発動するドロー能力。
    ドローできるカードは1枚ですが、実質2ドローしてターンを開始できるのはなかなか強力と言えるでしょう。
    超越コストになるグレード3や『シシルス互換』、『守護者』を引ければ儲けもんです。

    コストは『バトルシスター』名称のCB1です。
    『バトルシスター』かつリアガード時にCBを消費するカードはそれほど多くなく、現状《バトルシスター ここっと》と《バトルシスター ぱんなこった》程度です。
    『オラクルシンクタンク』まで広げると数多くありますが、《神凪 クロイカヅチ》やGユニットである《神鳴りの剣神 タケミカヅチ》、《導きの天神 ワカヒルメ》がメインになると思います。

    CC手段としては、『れもねーど互換』こと《バトルシスター れもねーど》や《バトルシスター ぷでぃんぐ》、《バトルシスター ましゅまろ》など、『バトルシスター』はCC手段が比較的多いです。
    なので、ある程度競合しても問題ないでしょう。

    名称縛りのコストですが、《バトルシスター》は現在でも種類が多く、『俺達!!!トリニティドラゴン』でさらに増えると思うので、統一しておけば心配いりません。
    と言いたいのですが、『シシルス互換』や『ナイト・オブ・ツインソード互換』、『完全ガードG』など名称デッキでも入れたい非名称が最近は多く出てきているので、それらを入れる場合は気をつけましょう。

    発動するには『バトルシスター』ユニット3枚以上&手札3枚以下という条件があります。
    『バトルシスター』ユニット3枚というのは自身も含めていいので、リアガードに『バトルシスター』が2枚あれば満たすことができるので、簡単です。

    手札3枚以下というのも、相手ターン終了時、つまり自分が相手のアタックに対してガードのために手札を使った後なので満たしやすいといえば満たしやすいです。

    GB2はGペルソナを持つ『バトルシスター』Gユニットはまだ登場していないので満たしにくいですが、《破龍戦神 カムスサノオ》を使えば1回の超越で満たせます。

    二つ目の能力は『バトルシスター』Gユニット専用の超越ボーナスです。
    現状《エキサイトバトルシスター じぇらーと》しかありませんが、この能力持ちを出すということは『俺達!!!トリニティドラゴン』で1種以上は追加されることでしょう。

    与える能力は『バトルシスター』リアガードのアタックがヒットしなかった場合CC1が行えるというもの。
    ここまでしなくても『バトルシスター』のCB消費は激しくないですが、《神鳴りの剣神 タケミカヅチ》のようなCBを一度に2枚以上消費するカードや、《バトルシスター じゅれ》に再ライドして双闘能力(CB3)を使用する場合は発動してCBコストに余裕を持たせておくと安心です。

    《バトルシスター ぷでぃんぐ》や《バトルシスター ましゅまろ》がアタックすればヒットしてもヒットしなくてもCCが行えるようになります。

    コストとしてSB1を消費します。
    CBよりもこっちのほうが問題で、ソウルを溜めるカードは《バトルシスター ましゅまろ》と『ソウルに置く』コストを持つ『バトルシスター』名称の『先駆』グレード0のみです。

    溜めるショボさに反して現状唯一の『バトルシスター』Gユニットである《エキサイトバトルシスター じぇらーと》がSB1を消費しているのも厄介。
    回数制限ありと割り切るか、『俺達!!!トリニティドラゴン』での補強に期待しましょう。

    《バトルシスター こんぽーと》
    『先駆』と、CB1&自身のソウルインをコストに、デッキトップ3枚を公開しそれらが全て『バトルシスター』ならこんぽーと以外の『バトルシスター』を1枚サーチする能力。
    二つの能力を持っています。

    『先駆』を持つので『バトルシスター』デッキの新たなるFV候補となります。
    『バトルシスター』名称のFV候補としては、他には『シズク互換』である《バトルシスター えくれあ》、このカードと同じコストでデッキトップ3枚から1枚スペリオルコールする《バトルシスター わっふる》があります。
    1枚でも非名称が混ざると使えないので、その点はわっふるに劣りますが、わっふると違って自分の場が埋まっていても利用できて、場は減りますが手札が増える点で勝ります。

    二つ目の能力はデッキトップ3枚から『バトルシスター』をサーチする能力です。
    デッキトップなので運が絡みますが、リアガードにあるこのカードをデッキの何らかのカードに変換できます。
    GBなどの制限もなく、手札にライドできるカードがない(ライド事故)を起こしている場合、それを解消できる可能性もあります。(ライド3への事故回避ならえくれあのほうが適任ですが)
    他にも『完全ガード』である《バトルシスター しょこら》やバトルに使用したいグレード2や1をサーチできればといったところ。

    コストとしてCB1と自身のソウルインが必要になります。
    CBコストに関しては《バトルシスター まどれーぬ》のほうでも書いた通り、競合するカードはもちろんありますが、それ以上にCC手段が豊富なので気をつける必要もないでしょう。エスペシャルでもないですし。

    ソウルインに関してもサーチに成功すれば枚数はトントンです。
    『バトルシスター』にとって貴重なSBのコスト確保ができます。

    デメリット
    《バトルシスター まどれーぬ》

    Vとしてバトルに関する能力がなく、バトルはGユニット頼りになります。(まあそれはこのカードだけに限った話ではないですが)

    能力を使っても手札は最大5枚であり、リアガードが申し分ない状態ならまだしも、超越もしなきゃいけないし、コールもしなきゃいけないといった状況の場合、手札5枚でどうしろ感があります。

    《バトルシスター こんぽーと》
    公開が全て『バトルシスター』でなければならない点。
    万全にするならデッキのカード全てを『バトルシスター』で固めなければいけません。『シシルス互換』などを入れると万全ではならなくなるので、スペリオルコールと微量のパワーアップが行えるわっふるのほうが優秀な感じがあります。

















    専用超越とか羨ましいよね
    スポンサーサイト
    [ 2016/12/13 21:20 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://phan106.blog.fc2.com/tb.php/1462-be0162f4








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。