スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    December 26, 2016 Today’s Card !!

    Today’s Card はこれだっ!


    《全智竜 アルミラージ》
    20161226.png


    キャラクターブースター第2弾『俺達!!!トリニティドラゴン』に収録する『グレートネイチャー』のカードです。

    能力について
    G登場時、SB1コストで、手札から2枚スペリオルコールし、リアガードを4枚選び『抵抗』と『アタックがヒットしても退却しない』を与える能力を持ったGガーディアンです。

    ガーディアン登場時に2枚スペリオルコールを行うので相手ターン中に自分のリアガードを2枚増やすことができます。
    相手ターン中に増やしても、といった感想を持つかもしれませんが公式サイトにもある通り《名物博士 ビッグベリー》の超越ボーナスは超越したタイミングでリアガードがいないと機能しませんが、このカードの効果によって相手ターン中にコールしておけば、直前の自分のターンで前列リアガードを退却させてしまった場合便利です。

    あまり機会はないかもしれませんが、ガード制限をつけられている場合、インターセプト→このカードの効果でスペリオルコール→インターセプトなんて動きもできます。

    さらにリアガードを4枚選んで、そのターン中だけ『抵抗』と『アタックがヒットしても退却しない』を得ることができます。
    これにより、縦列を対象にした除去効果や全体除去効果以外では退却しなくなり(呪縛やパラライズも同様)アタックがヒットしても退却しなくなるので、リアガードをバトルフェイズ中の除去、及びアタックから守ることができます。
    『グレートネイチャー』は特定のリアガードに頼ることも多々あるのでそれを1ターンでも守れるのは頼もしいです。

    コストとしてSB1があります。
    『グレートネイチャー』のソウル事情は《全智竜 フリムスルス》やデッキによっては《問題児 グレベリー》、《テーピング・キャット》などが消費します。
    1ファイトで何回も使う能力ではないので、ライド分だけでも十分賄えそうですが、ソウルに余裕をもたせたいなら《ラベル・パンゴリン》や『ソウルに置く』コストを持つFVや『ビッグベリー』の『ドキドキワーカー互換』などを使用するといいでしょう。

    デメリット
    シールドを増やす能力が一切ない点。
    Gガーディアンは一部を除き、基本的に何らかの条件を満たしたり、効果を使用することでシールドを5kや10kアップさせる能力を持っていました。
    しかし、このカードにはそれがなく、このカードだけではシールドは一切上がらず見た目の15kのみとなります。
    Vを守りつつリアガードも強固にするとなると、シールドがある程度必要になってきます。

    『アタックがヒットしても退却しない』だけで、相手の各種ヒット時効果は利用されてしまう点。
    最近はVヒットが圧倒的に多く、リアガードへのヒットやVかリアガードかを問わないヒット時効果は減少しているのであまり気にする必要もありませんが、遭遇した場合はガードするか、ヒット時効果を許すかを迫られます。


















    これはなかなかだが、シールドが大幅にアップするGガーディアングレネにもください。金城?なんのことかな
    スポンサーサイト
    [ 2016/12/26 20:49 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://phan106.blog.fc2.com/tb.php/1469-0531af4d








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。