スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    December 27, 2016 Today’s Card !!

    Today’s Card はこれだっ!


    《バトルシスター くれーぷ》
    20161227-1.png

    《バトルシスター べりーむーす》

    20161227-2.png


    キャラクターブースター第2弾『俺達!!!トリニティドラゴン』に収録する『オラクルシンクタンク』のカードです。

    能力について
    《バトルシスター くれーぷ》

    自身のパワー+2kするGB1『神託』能力。
    アタックがVヒットした時、Vがグレード3の以上の『バトルシスター』なら『バトルシスター』のエスペシャルCB1コストで1ドローする能力。
    二つの能力を持っています。

    一つ目の能力は単純なパワーアップで、上がり幅も控えめな2kです。
    しかし、有効すれば単独で11kとなり、11kV相手に単独ヒットを狙えるようになり、11kVに10k要求を行うならブーストパワーを気にする必要がほとんどなくなります。

    発動条件としてGB1と『神託』を満たさなければなりません。
    GB1のほうはほっといても勝手に満たされますが、『神託』はほっといても勝手に満たされるようなものではないです。
    最大で3ドローが行える《バトルシスター じゅれ》や『バトルシスター』サーチが行える《バトルシスター ここっと》及び《バトルシスター じぇらーと》、自身の二つ目の効果などで発動を狙いたいところです。
    トリプルドライブを持つGユニットのアタックの後にアタックすることで満たす、という手もあります。(これが一番簡単かも)

    二つ目の能力はヒット時に1ドローできる効果です。

    手札が1枚増えることで、展開できるリアガードや超越コスト、ガードに使うガード札などを確保できるので便利です。
    さらに『オラクルシンクタンク』ということで『神託』を満たす手助けも少ない枚数ですが行うことができます。
    また、『バトルシスター』はリアガードの枚数だったり名称ユニットの枚数を参照するカードも少なくないので、それの頭数を揃えられるという利点もあります。

    コストとして『バトルシスター』のエスペシャルCB1があります。
    『バトルシスター』に限って言うと、上記した《バトルシスター じゅれ》はCB3という大量のコストを消費します。他にも上記した《バトルシスター ここっと》、投入されるかは分かりませんが《バトルシスター ぱんなこった》、先日登場した新規『バトルシスター』Gユニットである《エキサイトバトルシスター みろわーる》は『バトルシスター』ユニットがヒットする度にCBを消費するタイミングがあるなど、消費するものは結構あります。

    幸いなことにCC手段として《バトルシスター ぷでぃんぐ》、《バトルシスター ましゅまろ》、《バトルシスター れもねーど》などが揃っているのでそれらでケアしていきましょう。
    非名称の『完全ガードG』を利用するのもいいですが、名称CBコストであり、『バトルシスター』は結構名称指定がきつい名称カテゴリなので注意。

    条件としてVがグレード3以上の『バトルシスター』である必要があります。
    1ドローのヒット時効果なのに、グレード2の段階で使えないのは少々痛手です。

    《バトルシスター べりーむーす》
    自分のターン中、他の『バトルシスター』名称のユニットがVまたはRに登場した時、パワー+2kする能力を持っています。

    2kアップ1回だけでは『バニホ互換』である《バトルシスター まかろん》以下の火力しか出ません。
    発動回数に制限はないので、なるべく複数回(上記のまかろんを超えるために最低2回ぐらい)発動させて高パワーのユニットとして活用したいところです。

    V登場でも発動するので『バトルシスター』のGユニットに超越することでリアガードサークルが埋まっていても効果を利用できます。
    《エキサイトバトルシスター じぇらーと》に超越してサーチ効果を利用すれば、パワーアップに必要な『バトルシスター』を確保することができます。
    《バトルシスター みろわーる》のGB3『神託』が有効化していれば、手札の枚数分パワーアップできるので、このカードの効果自体は1回誘発だけだったとしても大きなパワーを得ることができるでしょう。

    コストが一切必要なく、GBなどの条件もないので速攻に向いているカードでもあります。
    グレード2の段階から大量コールを行えば、そのタイミングで大きなパワーを得ることも可能でしょう。

    デメリット
    《バトルシスター くれーぷ》
    やはり、ヒット時効果がグレード3以上じゃなきゃダメという縛りがあるのがすごい損してる感じします。
    グレード制限を取っ払うだけで超強いのに。

    《バトルシスター べりーむーす》
    『バトルシスター』のグレード2は意外と候補が多く、上記した《エキサイトバトルシスター みろわーる》でパワーを得る場合は無条件で12kまで上がる《バトルシスター まかろん》で事足りてしまうことも多いでしょう。
    デッキに投入する場合は、効果的な運用が必要です。


















    すげぇ『バトルシスター』が組みたくなるイラストしてる
    スポンサーサイト
    [ 2016/12/27 19:29 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://phan106.blog.fc2.com/tb.php/1470-7269ebf3








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。