スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    睦月 , 拾日ノ札

    今日のカードはこれだっ!


    《神明護官 アマツヒコネ》
    20170110.png


    キャラクターブースター第2弾『俺達!!!トリニティドラゴン』に収録する『オラクルシンクタンク』のカードです。

    能力について
    手札からGに登場した時ヒットされなくする能力。
    ドロップにあり、ターン終了時にCB1コストで、自身を手札に加え、手札からランダムに1枚裏でバインドするGB1『神託』能力。

    一つ目の能力は手札から登場という条件になった『完全ガード』能力。
    昨今のGユニット及びリアガードは凶悪なパワーを誇るので『完全ガード』は確実に投入すべきでしょう。

    『オラクルシンクタンク』の『完全ガード』は『バトルシスター』と『メイガス』の名称が二つと『完全ガードG』があります。
    名称デッキではなく、CBに余裕があるならこのカードを入れるといいと思います。

    二つ目の能力は、ドロップにあるこのカードを手札に回収できる能力です。

    発動のタイミングもターン終了時と特別なものではなく、自分のターン毎にチャンスがあります。
    手札に『完全ガード』がなくても、1度使ってドロップゾーンに置いておけば、必要なタイミングで回収できるというのは非常に便利であり、相手からすれば毎ターンGユニットで凶悪なアタックをしても『完全ガード』されてしまうという非常に厄介な状況を作り出すことができます。

    しかし、手札に加えた後、手札をランダムに1枚バインドする必要があります。
    現状『オラクルシンクタンク』にバインドのカードをどうにかするカードはないので、そのファイト中は使えなくなると言ってもいいでしょう。

    ランダムなので、次の相手ターン中に必要なカードや、次の自分のターンに使いたいカード、最悪の場合手札に加えたこのカード自身がバインドされてしまいます。

    コストとしてCB1、条件としてGB1と『神託』があります。
    CBコストは競合するようなら《バトルシスター れもねーど》や《リシッド・クレイン》を使いましょう。

    『神託』については、発動がターン終了時ということもあり、ドライブチェックを行っていれば大抵5枚にはなるでしょう。
    そうでないなら、メインフェイズやバトルフェイズで、手札をがんばって増やしましょう。
    『神託』を持つことによって先日紹介された《神魂烈士 アメノオシホ》などでサーチしたりすることができます。『完全ガード』であるこのカードをサーチできれば非常に優秀。

    GB1はファイトしてれば勝手に満たせると思います。
    このカードがドロップにある頃には自然とGB1は満たしているでしょう。

    デメリット
    上記しましたが、効果によって手札に加えたのにそのままバインドされてしまう危険性があります。
    手札5枚というより、もっと多い時に使って少しでもバインドされる危険性を無くしましょう。

















    ランダムバインドがどれぐらいきついかって感じですね。
    スポンサーサイト
    [ 2017/01/10 19:39 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://phan106.blog.fc2.com/tb.php/1478-fe0dbfd2








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。