スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    如月 ,弐日ノ札

    今日のカードはこれだっ!


    《絶叫するバンシー》
    20170202.png


    Gブースター第10弾『月夜のラミーラビリンス』に収録する『グランブルー』のカードです。

    能力について
    『グランブルー』のキーワード能力『亡霊』
    R登場時、他の『亡霊』持ちを『亡霊』状態にすることができるGB1能力。
    『亡霊』によって自身がドロップに置かれた時、自身を表でバインドし、1ドローするGB1能力。
    三つの能力を持っています。

    一つ目の能力は『亡霊』です。
    と言っても、現状はそれほど『亡霊』を持つことに意味はないので、今後『亡霊』を持つカードに何らかの影響を与えるカードに期待です。
    現状だと《粉骨の呪術師 ネグロボーン》で復活させたり、《一鬼当千 ナイトストーム》でサーチしたりぐらいでしょうか。

    二つ目の能力は他の『亡霊』持ちを『亡霊』状態にする能力です。
    本来『亡霊』は登場時した時に任意でその状態になれる能力であり、このカードの能力を駆使しなくても『亡霊』状態になることができます。
    なのでこの能力は『状況的に敢えて『亡霊』状態にしなかったカード』、『GBなどの制限により『亡霊』しても意味がなかったカード』などをコール後に『亡霊』状態にする効果と言えます。
    ……と思って『亡霊』持ちを調べたところ、『登場時効果で『亡霊』ならば~』というカードが多く、コール後に『亡霊』にしてもあまり意味が……といった感じでした。
    《腐海の呪術師 ネグロルーク》や《スケルトンの下っ端海賊》などはアタック時に『亡霊』ならさらにパワーアップという能力なのでこの能力でコール後に『亡霊』状態にして意味があるでしょう。

    『亡霊』持ちを退却させるために『亡霊』状態にするという使い方もあります。
    復活コールができる前提ですが。

    三つ目の効果は『亡霊』によって退却した時1ドローする能力です。
    このカード自身が退却しているので枚数的にはトントンです。しかし、戦力としては利用しにくい4kのトリガーをドローに変換しているので戦力的には強力になる可能性があります。
    まあ、引いてみなければということです。『守護者』を引ければガード的にはプラスに働くこともあるでしょう。

    この能力を使用するとバインドされます。
    しかし、『グランブルー』はバインドとは今までほとんど無縁だったのでコンボ性は皆無です。今後バインドからも復活するのかもしれませんが。
    なので、これは単純にドロップからお手軽1ドローとして再利用されないような処置だと思います。

    デメリット
    最近は凶悪な効果持ちスタンドトリガーが増えてきましたが、上記した通り、この能力で『亡霊』にしても旨味があまりなく、ドロー効果もただの手札交換で再利用不可なのでイマイチです。

















    グランブルーよくわかんねーから上手く書けてないと思う
    スポンサーサイト
    [ 2017/02/02 23:28 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://phan106.blog.fc2.com/tb.php/1495-967423ca








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。