スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    如月 ,九日ノ札

    今日のカードはこれだっ!


    《銀の茨の曲芸師 ルカミア》
    20170209.png


    Gキャラクターブースター第3弾『月夜のラミーラビリンス』に収録する『ペイルムーン』のカードです。

    能力について
    Vアタック時、Vが『ルキエ』ならパワー+2kされる能力。
    このカードのアタックがVヒットした時、『銀の茨』のエスペシャルSB1コストでデッキから『ルキエ』を1枚ソウルに置く能力。
    二つの能力を持っています。

    一つ目の能力はVアタック時のみパワー11kになることができます。
    単独11kでアタックできるのでVへ単独でヒットを狙ったり、《銀の茨の奇術師 コレット》の10kブーストを利用すれば21kラインを作ることもできます。
    単独でヒットを狙えるパワーなら、『ペイルムーン』が得意としているソウルからのスペリオルコールによる連続アタックにも利用できます。

    パワーアップ条件はVが『ルキエ』ならというもの。
    基本的に『銀の茨』デッキのメインVは『ルキエ』になるので、グレード3になれば勝手に満たせるでしょう。

    二つ目の能力はデッキからソウルに『ルキエ』を置く能力です。
    『ペイルムーン』はソウルからのスペリオルコールを得意とするクランなので、ソウルにパワーが10k以上の『ルキエ』を置いておけばスペリオルコールする有力な選択肢となります。

    それ以外にももっと大きな利点として『ルキエ』名称の《銀の茨の竜女帝 ルキエ "Я"》と《銀の茨の竜女皇 ヴィーナス・ルキエ》はクロスライドの能力を持っています。
    この能力で《銀の茨の竜使い ルキエ》をソウルにあらかじめ入れておけばライド後すぐに13kの防御力を手に入れることができます。
    新能力で登場する同名の《銀の茨の竜使い ルキエ》はソウルで発動する能力を持っているので、それをソウルに入れておけばその効果の準備ができます。

    コストとして名称SB1が必要です。
    ソウルを利用する『ペイルムーン』にとってSB1というのは、なかなかに厄介です。ソウルの質が良くなればなるほど、どれをドロップするのか悩むことになります。
    と言っても、別にコストが払えないというわけではなく、ソウルを利用する性質上ソウルは溜まりやすいのでコストの用意は簡単ですし、競合してもそれほど問題ないでしょう。
    『銀の茨』名称のSBですが、すでに『銀の茨』は十分な種類があるのでデッキをそれで固めれば無問題。

    二つ目のヒット時効果にはGBなどの制限がないので、このカードがコールされた段階から利用できます。
    ファイト序盤でコールして、クロスライドの準備ができれば非常に便利。

    デメリット
    特にありませんが、『銀の茨』のグレード2はなかなかの激戦区です。


















    超極審判で銀の茨もらえなかったから銀の茨新規入るだけで超嬉しい
    スポンサーサイト
    [ 2017/02/09 21:13 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://phan106.blog.fc2.com/tb.php/1500-fc380e2b








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。