スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    如月 ,拾五日ノ札

    今日のカードはこれだっ!


    《お化けのくれみー》
    20170215-1.png

    《お化けのへすけす》

    20170215-2.png


    Gキャラクターブースター第3弾『月夜のラミーラビリンス』に収録する『グランブルー』のカードです。

    能力について
    《お化けのくれみー》

    自分のターン中、ドロップが5枚以上ならパワー+2k、『お化け』が10枚以上ならパワー+5kする能力。
    ドロップゾーンに『お化け』が10枚以上あれば、シールド+5kする能力。
    二つの能力を持っています。

    一つ目の能力は二段階でのパワーアップを得ることができます。
    一段階目はパワー+2kされ、単独で11kとなります。
    相手の11kVへ単独ヒットを狙うことができるようになるので、バトルフェイズ中にドロップからコールして追加アタックを行う戦法の力になれるでしょう。

    一段階目の条件はドロップにカードが5枚以上。
    ファイト開始直後は無理でもドロップを増やす効果が使える『グランブルー』なら素早く達成できるでしょう。
    条件としては非常に簡単。

    二段階目はさらにパワー+5kされます。
    一段階目と同時に満たせるので、単独で16kのパワーを得ることができます。
    このパワーになれば上記したドロップからの復活コールによる連続アタックに利用すれば、単体でも11kVに10kガードの要求を行うことができます。
    連続アタックでなくても、ブーストを用意すれば21kを作ることもできます。非常に高火力なリアガードの完成です。

    高火力を得られる代わりに条件は『ドロップの『お化け』が10枚以上』といくら『グランブルー』といえど厳しめ。
    《お化け大王 おばだいあ》や《お化けのリーダー でめとりあ》などドロップを2枚以上増やせるカードでたくさん増やしたいところ。
    難しいのは、『お化け』という名称指定がある点だと思います。デッキ内の『お化け』の内訳を増やさなければならないので、構築の段階から制限がかかります。
    『お化け』トリガーも多く、既存だけでもデッキ内の結構な枚数『お化け』に統一することはできるとは思いますが。

    二つ目の能力はGサークルにあるとき、シールドがプラス5kされます。
    グレード2なので手札からのガードの他、インターセプトでGサークルに移動した時でもシールドがアップします。
    二段階パワーアップと同じ条件なので、攻防一体のリアガードとして活躍できるでしょう。

    最近はあまり使われませんが『クインテットウォール』で登場した時も条件を満たしていれば問題なくシールドアップが適応されます。
    また、公式サイトにもある通り、《夜宴の大呪術師 ネグロリリー》を利用してこのカードを前列にコールし即座にインターセプトすれば10kアップしたネグロリリーとともに、合計シールド35kという非常に強固なガードを出力できます。

    条件はパワーアップ効果と同じなので省略。

    《お化けのへすけす》
    R登場時パワー+3kし、ドロップの『お化け』が3枚以下ならレストする能力。
    1ターンに1度、CB1をコストにデッキトップから1枚をドロップし、そのカードが『お化け』なら自身をスタンドしパワー+3kする能力。
    二つの能力を持っています。

    一つ目の能力はパワーアップ能力です。
    効果発動後はパワーが12kになります。
    単独で11kVへのヒットを狙えたり、《お化けのべいる》や《ソードマスター・ミミック》のようにパワーアップするブースト要員を利用すれば21kラインを狙うことができます。

    しかし、ドロップの『お化け』が3枚以下ならレストしてしまいます。
    二つ目の効果によってスタンドすることはできるものの、できない場合もあるので、このレストは単純なデメリット効果です。
    序盤であればあるほどレストする可能性が高くなるので気をつけましょう。ドロップを増やしながら戦う『グランブルー』ならすぐに満たせるぐらい『お化け』が溜まると思いますが。

    二つ目の効果は自身のスタンドとパワーアップを行う効果です。
    と言っても、起動効果なのでスタンドするとは言っても一つ目の効果でレストしてしまった場合の保険です。

    レストしていなくても効果を使えますのでパワーアップだけ得ることもできます。
    登場時パワーアップと合わせれば6kアップで単独で15kになります。
    このパワーになれば特別なブーストパワーを使わずとも21kラインを作ることができます。

    パワーアップとスタンド効果を得るには効果によって、デッキトップからドロップするカードが『お化け』である必要があります。
    こればっかりは運任せなので、積極的に狙う場合はデッキ内の『お化け』の比率を高くしておきましょう。
    ドロップを増やせるのに使えなくもないですが、CB1払ってドロップを1枚増やしました、では割に合わないです。

    コストとしてCB1が必要になります。
    ドロップからのスペリオルコールにコストを使いがちな『グランブルー』にとってレストしてしまったのをスタンドさせるためだけに払うコストとしては重すぎです。
    パワーアップはできますが、使わないなら使わないほうが良い能力だと思います。

    今日のカードは2種とも『お化け』の名称を持つのでサポートを利用できます。

    デメリット
    《お化けのくれみー》

    特にありません。『お化け』に偏らせる構築なら主力のグレード2になれるでしょう。

    《お化けのへすけす》
    悪くはありませんが、GB1バニホのほうがいいんじゃねーか感あります。















    凶悪なGユニットお化けと凶悪なグレード3お化けが足りない
    スポンサーサイト
    [ 2017/02/15 22:27 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://phan106.blog.fc2.com/tb.php/1504-49ee2cd3








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。