スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    如月 ,拾六日ノ札

    今日のカードはこれだっ!


    《お化けのくいんしー》
    20170216-1.png

    《お化けのじゃっきー》

    20170216-2.png


    Gキャラクターブースター第3弾『月夜のラミーラビリンス』に収録する『グランブルー』のカードです。

    能力について
    《お化けのくいんしー》

    CB1とグレード0のリアガード1枚をデッキ下に置くコストで自身をドロップから空きRサークルにコールするGB1能力。
    『お化け』名称のグレード3のVがアタックされた時、自身を退却させるコストでVパワー+5kする能力。
    二つの能力を持っています。

    一つ目の能力はグレード0と入れ替わるかのようにドロップから復活する能力です。
    グレード0は大抵の場合ブーストパワーが貧弱なので、このカードに変えることで7kブーストを用意することができます。
    非力なグレード0の代わりという意味では緊急時に前列を務める場合もあるでしょう。

    コストはCB1と『グレード0のリアガード1枚をデッキ下に置く』です。
    CBコストはドロップゾーンからの復活が主な消費であり、このカードもその一つです。
    デッキによっては復活コールは何度も行うので足りないようならなんらかのCC手段を用意しておきましょう。

    もう一つはグレード0リアガードを1枚失いますが、代わりにこのカードがコールされるので枚数的にはトントン。
    グレード0は大抵トリガーなので、何らかの手段でデッキシャッフルを行えば再び発動が狙えます。

    二つ目の効果はVがアタックされた時Vのパワーを上げる効果です。
    パワーアップ数値は5kとトリガー1枚分であり、自身のシールド値やインターセプトした通常のグレード2と同じです。
    コストを考えると、どのRサークルからでも使えるインターセプトのような能力と言えます。
    ブーストとして復活し、相手ターンになったらインターセプトのようなこの能力で消えていくという、外見に反して起用なカードと言えます。

    コストは上記した通り自身の退却です。
    まあ、ガードに使ったようなものでしょう。ドロップに再び落ちることで一つ目の効果で再復活が可能になります。

    《お化けのじゃっきー》
    『グランブルー』のキーワード能力である『亡霊』
    Vアタック時パワー+2kを得るGB1能力。
    『亡霊』状態ならパワー+2kし、『インターセプト』を得る能力。
    三つの能力を持っています。

    一つ目は『亡霊』です。
    パワーアップ効果二つと合わせてグレード1でありながら、単独11kで届くようになります。
    アタッカーとして使うターンならば即『亡霊』状態にしていいでしょう。
    もちろん、公式にある通り《夜宴の大呪術師 ネグロリリー》を利用してガーディアンとして利用する場合も有効化しましょう。

    二つ目の能力はアタック時にパワー+2kされる能力です。
    9kになれるグレード1として前列で運用ができます。ブーストをつければ普通のグレード2と同じように16kラインを作ることができるでしょう。
    こちらは『亡霊』になっているかどうかは関係ないので、とりあえずVアタックすればパワーアップできます。

    コストは一切必要ありませんがGB1の発動制限があります。
    と言ってもグレード1なので満たしていない時や前列に出る必要がない時は通常の7kブーストとして使用しましょう。

    三つ目の能力は『亡霊』ならパワーアップと『インターセプト』を得る能力です。
    パワーアップ数値は2kですが、二つ目のアタック時効果と合わせるとグレード1なのに単独11kを出力できます。
    10kブーストを利用すればグレード1でありながら21kラインの火力を得ることができます。アタッカーが足りない場合もそうですが、高火力を出力した時なども使用したいところ。

    『インターセプト』をコールターン中に得てもしょうがないですが、公式サイトにもある通りネグロリリーを使った場合は即インターセプトに使用できます。
    と言うより、それ以外に使えるのかどうか……。

    デメリット
    《お化けのくいんしー》

    便利ではありますが、すごい強いというわけではないので、『お化け』デッキならとりあえず入れておけば仕事はしそうです。

    《お化けのじゃっきー》
    こちらもなかなか便利な高パワーのグレード1として活躍できるでしょう。
    しかし、『お化け』デッキ以外での活躍は……。一応能力は『お化け』名称とは一切関係ないですが。
















    『お化け』名称のゴリ押し感は今までの名称と比べても『ダッドリー』並にやばいと思う
    スポンサーサイト
    [ 2017/02/16 23:06 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://phan106.blog.fc2.com/tb.php/1505-ff202714








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。