スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    如月 ,弐拾参日ノ札

    今日のカードはこれだっ!


    《道化魔竜 ワンダリング・ドラゴン》
    20170223.png


    Gキャラクターブースター第3弾『月夜のラミーラビリンス』に収録する『ペイルムーン』のカードです。

    能力について
    G登場時、SC1しソウルから1枚選びGにスペリオルコールする能力を持ったGガーディアンです。

    SCすることができるので、『ペイルムーン』が得意とするソウルからのスペリオルコールの選択肢を広めることができるでしょう。
    ランダムSCなのでソウルインするカードはランダムですが、ソウルから登場した時能力や通常の登場時能力を持ったカードがSCされれば、よりアドバンテージを取りやすくなります。

    SCした後ソウルから1枚選びガーディアンとしてスペリオルコールします。
    1枚選び、なので必ず1枚はコールしなければなりません。
    折角SCしたのにソウルの量が変わらなくなってしまいますが、『ペイルムーン』にとって重要なのは量より質。ランダムSCをしたり、《パープル・トラピージスト》などソウルに突っ込めるカードを利用していると、ソウルからのスペリオルコールに適さないカードもソウルにあることでしょう。
    それらを利用することになります。

    5kシールドを持ったユニットをスペリオルコールして20kシールドとして利用するのが多いと思います。
    と言っても20kシールドのGガーディアンは『ペイルムーン』には《鎖鋸の大奇術 ファーニバル》が手っ取り早く、このカードと同じようにソウルを溜めることもできます。当然ソウルを吐き出すこともありません。
    なので、Gにスペリオルコールできることを活かして、G登場時効果を持つ『完全ガード』や《ビッグリーグ・ベア》や《ナイトメアドール くらりす》などをソウルからコールしたいところです。

    デメリット
    《鎖鋸の大奇術 ファーニバル》の劣化になりがちなので、10kシールドやG登場時能力を持ったカードをソウルに用意して上手く差別化しましょう。


















    ええやんって思ったけど、もっと良いやついたわ
    スポンサーサイト
    [ 2017/02/23 23:14 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://phan106.blog.fc2.com/tb.php/1510-4c654b2e








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。