スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    弥生 ,壱日ノ札

    今日のカードはこれだっ!


    《蝕骸竜 ジャンブル・ドラゴン》
    20170301.png


    Gキャラクターブースター第3弾『月夜のラミーラビリンス』に収録する『グランブルー』のカードです。

    能力について
    V登場時、デッキトップから4枚をドロップに置き、ドロップに置かれたノーマルユニット1枚につきパワー+5k、トリガーが2枚以上含まれているならドロップから1枚スペリオルコールする能力を持っています。

    一気にデッキトップから4枚もドロップに送ることができます。
    ドロップゾーンから復活させたり、ドロップで発動したりするカードが数多く存在する『グランブルー』において、ドロップを充実させることは非常に重要です。
    デッキトップから4枚なのである程度運が絡んでしまいますが、4枚も落とせるので1枚ぐらい有用なカードが落ちるのも期待できるでしょう。

    この効果によって落としたノーマルユニット1枚につきパワー+5kされます。
    上がり幅がトリガー1枚分と高く、全てがトリガーならば20kパワーアップし、11kをハーツとすれば単独で46kというトンデモ火力を手に入れることができます。
    1~2枚トリガーが含まれる可能性が高いので、大抵の場合は10k程度のパワーアップとなるでしょうが、それでも単独で36kまで上がるのでV火力としては十分でしょう。

    落としたカード4枚の内2枚以上がトリガーならばドロップゾーンから1枚をスペリオルコールすることができます。
    トリガーが落ちた場合パワーアップがその分だけ出来ないので勿体無い感がありましたが、この効果があるのでトリガーが落ちたとしてもアドバンテージを稼ぐことができます。
    スペリオルコールは、この効果によってデッキトップから落としたカードも選択肢に入れることができます。

    特にコストが必要なく、GBなどの制限もなく、超越するだけで使用することができるので扱いやすいGユニットと言えます。
    ドロップに4枚も落とせるので初回の超越としても使えますし、ファイト後半単純に高パワーが欲しい場合でも利用できるでしょう。

    デメリット
    ドロップに特定のカードを用意したいなら、ランダムに4枚落とすのではなく、デッキから選んで3枚落とせる《お化けの大王 おばだいあ》があります。
    《お化けのくれみー》など、とにかくドロップゾーンに大量のカードが必要というカードならば、逆にこちらのほうがいいでしょう。

















    選んで落とせるおばだいあやっぱりやばくね?って話
    スポンサーサイト
    [ 2017/03/01 20:39 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://phan106.blog.fc2.com/tb.php/1514-2a310f1d








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。