スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    弥生 ,弐日ノ札

    今日のカードはこれだっ!


    《お化けのはわーど》
    20170302.png


    Gキャラクターブースター第3弾『月夜のラミーラビリンス』に収録する『グランブルー』のカードです。

    能力について
    ソウルに置くことでユニット1枚にパワー+3kを与える能力を持っています。

    いわゆる《まぁるがる》互換。
    ユニット1枚のパワーを3k上げることができます。
    3kという数値は決して高い数値ではないですが、上手く活用すればパワーラインを引き上げることができるでしょう。
    単独ヒットできないユニットを、相手Vに単独ヒットを狙えるぐらいのパワーに上げるという使い方もできます。

    コストとして自身のソウルインがあります。
    リアガードとして5kのユニットを失うので後列が手薄の場合は注意が必要です。と言っても、『グランブルー』はリアガードを増やすのはドロップからの復活コールで得意なので、リカバリーは容易でしょう。

    むしろ、ソウルインをコストではなく、ソウルを増やすということのほうが大事だと思います。
    強力なGユニットである《嵐を呼ぶ海賊王 ガッシュ》や《星影の吸血姫 ナイトローゼ》、《倦怠の呪術師 ネグロレイジー》、《防潮のバンシー》などソウルを必要とする『グランブルー』は結構優秀なのが多いのでそれらのコストを少しでも稼ぐことができます。

    デメリット
    デメリットというか、果たして攻めるの早い『グランブルー』にドロートリガーが必要なのかということです。
    早く動かずともドロップからのスペリオルコールでリアガードを整えることができる『グランブルー』ならば、ドローがなくてもある程度は動けるでしょう。












    アイチきゅんのカードとかFCとか来るかと思ったらまぁるがる互換紹介されてて悲しい
    スポンサーサイト
    [ 2017/03/02 21:20 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://phan106.blog.fc2.com/tb.php/1515-6ac26a9b








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。