スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    弥生 ,九日ノ札

    今日のカードはこれだっ!


    《大成の魔女王 ローリエ》
    20170309-1.png

    《大器の魔女 ローリエ》

    20170309-2.png


    『ファイターズコレクション2017』に収録する『ジェネシス』のカードです。

    能力について
    《大成の魔女王 ローリエ》

    G登場時、Gガーディアン指定のGペルソナをコストに、ドロップまたはソウルからグレードが同じノーマルユニットを2枚以上かつ3枚まで選び、デッキに戻し、戻したカード1枚につきシールド+5kするGB1能力を持ったGガーディアンです。

    ノーマルユニットを最大3枚までデッキに戻すことができます。
    SCによって高速でデッキを減らしていく『ジェネシス』にとっては有り難い効果と言えます。
    ソウルからも選ぶことができますが、ソウルをSBコストとして消費するのでなるべくドロップゾーンから選ぶといいと思います。

    デッキに戻すカードにはノーマルユニットという制限はあるものの、繰り返し使いたいカードを戻すことができます。
    やはり筆頭は『完全ガード』でしょう。

    戻した枚数×5kシールドがアップします。
    2枚以上は確実に戻すので最低でも10k、最大で15kアップします。
    最大アップするとシールドは30kとなります。11kVなら41kの防御パワーとなり、ブースト付きの31kライン程度のGユニットのアタックなら、これで1枚だけのガードでも期待できるでしょう。もちろん、過信は禁物ですが。

    同じグレードという制限があります。
    あまり気にする必要はないかもしれませんが、SBするときに同じグレードが多くドロップに行くように少し工夫をするといいと思います。
    適当にやってても平気そうですが。

    コストはGガーディアン指定のGペルソナです。
    連日紹介されているカードと同じようにガーディアンが使える回数が減ったり、その回数を多くしようとしてGゾーンの自由が効かなくなったりします。

    《大器の魔女 ローリエ》
    《大成の魔女王 ローリエ》をコールするコストで手札から捨てられた時ソウルに置いてよい効果を持ったヒールトリガーです。

    効果は単純ながらソウルを1枚増やすことができます。
    ドカドカソウルを消費する『ジェネシス』にとって1枚程度では、意味がないこともありますが、それでもただ捨てるだけのヒールトリガーがSBコストに変わるというのは便利です。

    今までの『ファイターズコレクション2017』収録の公開カードで初めて名称を持ったカードです。

    デメリット
    《大成の魔女王 ローリエ》

    特にありません。Gガーディアンを表にするというコストなので上手くGゾーンをやりくりしましょう。

    《大器の魔女 ローリエ》
    こちらも特にありません。
    『ジェネシス』の名称であり『神器』もそれほど厳しい縛りはないので、名称違いであるこのカードも十分投入を検討できるでしょう。
















    当然のように『魔女』名称持ってるの大丈夫なのか
    スポンサーサイト
    [ 2017/03/09 21:26 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://phan106.blog.fc2.com/tb.php/1519-cd41cb5f








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。