弥生 ,拾参日ノ札

    今日のカードはこれだっ!


    《護り抜く者 ロゼンジ・メイガス・エイペックス》
    20170313-1.png

    《ロゼンジ・メイガス・ファイン》

    20170313-2.png


    『ファイターズコレクション2017』に収録する『オラクルシンクタンク』のカードです。

    能力について
    《護り抜く者 ロゼンジ・メイガス・エイペックス》

    G登場時、CB1と『Gガーディアン』指定のGペルソナをコストに、デッキトップ2枚を確認し、1枚を手札に、1枚をデッキ下に置くGB1効果を持ったGガーディアンです。

    効果を使用することで手札を1枚増やすことができます。
    デッキトップ2枚から選ぶことができるので、少ないながらも選択肢があるのも魅力です。
    この効果によってシールドのあるカードをドローできれば、それを追加のシールドとしてコールすることもできます。

    手札に加えなかったカードはデッキの下に置けます。
    他のクランは有効活用できる手段が少ないですが、『オラクルシンクタンク』なら『ツクヨミ』デッキで少なからず利用できるでしょう。

    コストとしてCB1と『Gガーディアン』指定のGペルソナがあります。
    『オラクルシンクタンク』はそれほどCBを消費しないのでコストの確保は比較的楽だと思います。
    『完全ガードG』や《リシッド・クレイン》、《恵みの霊神 アメノサグメ》、《バトルシスター れもねーど》などで確保しましょう。

    連日紹介されているカードと同じようにガーディアンが使える回数が減ったり、その回数を多くしようとしてGゾーンの自由が効かなくなったりします。

    《ロゼンジ・メイガス・ファイン》
    《護り抜く者 ロゼンジ・メイガス・エイペックス》のコールコストで手札から捨てられた時、グレード1以下のカードを1枚捨てることで1ドローする能力を持ったヒールトリガーです。

    《護り抜く者 ロゼンジ・メイガス・エイペックス》がドロー効果を持っているので、ドローした後にこちらの効果を処理すればドローしたカードも手札交換の選択肢に含めることができます。

    それ以外は連日紹介されているヒールトリガーと同じなので割愛。

    デメリット
    《護り抜く者 ロゼンジ・メイガス・エイペックス》

    シールドが増えない点。ドローしたカードを使えばシールド値を増やせますが、そもそも手札4枚以上確保できているなら《八千代の日輪 アマテラス》をコールしたほうが強力です。
    というか、アマテラスのほうが強い気が……。

    《ロゼンジ・メイガス・ファイン》
    特にありません。
    『バトルシスター』や『メイガス』は結構名称縛りが厳しいので利用する場合は注意。




















    エロさ以外全部アマテラスに負けてるんだけど大丈夫これ
    スポンサーサイト
    [ 2017/03/13 21:22 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://phan106.blog.fc2.com/tb.php/1521-da6d48db