FC2ブログ







    5月6日のカード!

    今日のカードはこれだっ


    《探索者 ハロウドブレス・ドラゴン》
    20140506-1.jpg

    《探索者 ブーケパロス》

    20140506-2.jpg


    ブースター第16弾『竜剣双闘』に収録する『ロイヤルパラディン』のカードです。

    能力について
    《探索者 ハロウドブレス・ドラゴン》
    ただの☆トリガーなので能力もクソもないのですが。

    『竜剣双闘』にて「探索者」名称の☆トリガーがこれで2種になります。
    なので、「探索者」だけで☆8のデッキ構成にすることができます。

    《探索者 シングセイバー・ドラゴン》の擬似Vスタンド効果を考えると醒トリガーより☆トリガーのほうが合っていると言えるでしょう。

    《探索者 ブーケパロス》
    このユニットがブーストしたアタックがヒットした時、退却させることでデッキからグレード1以下のカードを1枚までレスト状態でコールする能力を持っています。

    効果だけを考えれば非常に強力な能力を持っていると言えます。
    CBコストが一切必要ないので、後攻1ターン目からこのカードの効果を狙うことができます。

    グレード1以下ならなんでも呼ぶことができるので、序盤このカードでVをブースト、ヒットし効果を発動したらVの後列に置きたいグレード1をデッキからコール、という流れが強いと思います。
    「探索者」で言うならば、《ブラスター・ブレード・探索者》をブーストしたときに効果を発動する《ぐりんがる・探索者》でしょうか。
    名称ではありませんが、《希望の剣 リシャール》をデッキから呼んで確実に1ドローするという手もあります。先駆FVを使っている場合グレード1の段階で使うにはソウルが足りないと思いますが。

    このカードをドライブチェックではなく、ドローで手札に来てしまっている場合、単純に4kブーストが別のグレード1に化けることができます。
    アタックのヒットというのはヴァンガードを指定していないので、リアガードにアタックをヒットさせても効果を発動できます。

    退却させるというコストは、双闘効果のコストのサポートと考えることができます。
    双闘し、デッキに戻せば再び発動できる可能性もあります。

    「探索者」名称なので基本的に「探索者」デッキで使われると思います。
    デッキからコールする対象に名称指定は何もないので、「探索者」以外の普通の「ロイヤルパラディン」のデッキでも活躍が見込めます。
    効果にクラン指定がないので、エクストリームファイトで他のクランに出張させても使用可能です。トリガーなのでただこのカードを入れるだけではトリガー発動ができなくなりますが。

    デメリット
    《探索者 ハロウドブレス・ドラゴン》
    デメリットもクソもありません。
    ☆トリガーを5枚以上入れたい場合は必要になってくるでしょう。

    《探索者 ブーケパロス》
    強力な効果ですが最大のデメリットは醒トリガーということです。
    醒トリガーが強力なデッキももちろんありますが、「探索者」は他の大多数のデッキと同じく☆トリガーのほうが強力でしょう。
    この効果のためだけに醒トリガーを入れるのは考えものです。かといって、枚数を抑えたら今度は手札に来ない、めくらないから効果が狙えないといった事態になります。

    レスト状態でコールなので擬似リアガードスタンドに使えず、効果の発動を狙うならばやはり最序盤がベストだと思います。






















    効果は強いと思うんだよ、うん。
    スポンサーサイト



    [ 2014/05/06 18:37 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://phan106.blog.fc2.com/tb.php/774-b59ce7fb