FC2ブログ







    5月13日のカード!

    今日のカードはこれだっ


    《フェニックスライザー・FW》 《フェニックスライザー・DW》
    20140513-1.jpg20140513-2.jpg


    ブースター第16弾『竜剣双闘』に収録する『ノヴァグラップラー』のカードです。

    能力について
    《フェニックスライザー・FW》
    アタック時、Vが「ライザー」ならば、パワーが3kアップする能力を持っています。
    俗に言う『バニホ互換』です。

    『バニホ互換』といえば
    ・単独でも12kであり、11kVにアタックヒットを狙うことができる。
    ・5kや6kという低いブースト値でも、パワー16kを超えることができる。
    ・9kブーストができれば、リアガードでも簡単に21kを作ることができる。

    といった利点があります。

    加えて今まであまりパワーの高くなかったグレード2「ライザー」にとっては頼もしいリアガード要員となります。
    単独で11kVへのヒットが狙えることから、《アルティメットライザー・MF》や《フェニックスライザー・DW》、《ジェットライザー》などのスタンド候補になります。
    特にフェニックスライザー・DWで確実にスタンドが狙えるなら、先にブーストなしのこのカードでアタックするのが有効です。

    《カービングライザー》が後列にいればパワー+2kされるので、ブースト分もあわせればパワー20kになることができます。
    最近は基本的に11kVなので20kでは有効なパワーラインとは言いがたいですが。

    このカード自身も「ライザー」名称なので、このカードが2枚あれば、1枚ライドして、もう1枚リアガードでアタックというのもできます。
    割りと今更ですが。
    他にも《パーフェクトライザー》で吸い込んだりできます。

    《フェニックスライザー・DW》
    双闘効果共通のコストで《フェニックスライザー・FW》を双闘する効果。
    双闘アタック時、CB2コスト支払うことで、縦列に後列ユニットがいる、前列のリアガードを2枚までスタンドする能力。
    ヴァンガードにいるとき、Vアタック時、中央列に他の自分のユニットがいるならパワー+3k
    3つの能力を持っています。

    双闘することでパワー20k、3つ目の効果で23kになることが可能です。
    効果の特性上なるべく早く双闘して、双闘スキルを使用したほうが強力なのでなるべく早く双闘したいところです。
    7kブーストなら、30k止まりですが、後列が《カービングライザー》ならパワー33kになることができます。

    双闘スキルは前列2枚をスタンドさせる非常に強力な効果です。
    アタックのヒットに関わらず必ずスタンドさせることができるので、戦略の一部に組み込むことが可能です。

    パワーの上がる《フェニックスライザー・FW》や《ウイングライザー》などをブーストなしでアタックし、この効果でスタンドさせてブーストありでアタックするのがいいでしょう。
    パワーが上がるという意味で考えるなら一番相性がいいライザーは単体で16kまで上げることが可能な《ハイパワードライザーカスタム》です。《バトルライザー》が必要ですが。

    コストとしてCB2コストが必要になります。
    決して軽くないコストですが、幸いなことに『ノヴァグラップラー』はCBコスト回復がほかのクランより得意です。
    このカードの効果もあまり「ライザー」で縛っていないので、コストが足りないと思ったら《ドグー・メカニック》などを入れるといいでしょう。

    3つ目の効果は中央列に他のカードがあればパワー+3kされます。
    双闘してれば自動的に条件が満たされます。双闘せずとも後列がいれば問題なく発動します。
    双闘していなくても《カービングライザー》があれば22kまでパワーを上げることができます。

    このカードも「ライザー」名称を持ちます。
    「ライザー」は既存も新規も多いので多くのサポートカードを共有できます。

    デメリット
    《フェニックスライザー・FW》
    特にデメリットはありません、単純な戦力としても、スタンド対象としても非常に優秀な「ライザー」と言えるでしょう。

    《フェニックスライザー・DW》
    スタンドさせるカード(相手Vに単独でヒットを狙えるカード)が必要なので必ずしも双闘効果が強いと言えません。
    パワー11k以上になる「ライザー」は用意されているのであまり心配はないですが、それらのリアガードを狙われたり除去されると厳しいかもしれません。

    スタンドさせる対象は「後列のいる」前列リアガードです。
    『かげろう』や『なるかみ』など後列を除去してくるクランは最近珍しくないので、後列の枯渇には注意が必要です。除去耐性の《タンクライザー》を使うと対策できます。
    後列を呪縛されても発動できなくなります。
























    FWだけ使われるんじゃ・・・・・・
    スポンサーサイト



    [ 2014/05/13 23:25 ] 今日のカード | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://phan106.blog.fc2.com/tb.php/782-5fc0dcc3