FC2ブログ







    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    5月26日のカード!

    今日のカードはこれだっ


    《闘気の撃退者 マックアート》 《覇気の撃退者 コーマック》
    20140526-1.jpg20140526-2.jpg


    エクストラブースター『宵闇の鎮魂歌』に収録する『シャドウパラディン』のカードです。

    能力について
    《闘気の撃退者 マックアート》
    自分のVが双闘したとき、デッキからグレード1以下の「撃退者」名称のカードをレスト状態でコールする能力を持っています。

    レスト状態でのコールとなるのでそのターン中の、ブーストやアタックは基本的にできません。
    しかし、シャドパラ特有の「リアガードを退却させる」コストにはできます。
    序盤に双闘し、この効果を使用できた場合は、レスト状態でも、コストではなく次のターンから戦力としても期待ができます。

    双闘できるシャドパラは現時点では、《覇気の撃退者 コーマック》、アニメにてVスタンド効果が発動した《撃退者 ファントム・ブラスター“Abyss”》があります。
    どちらも、リアガードの退却をコストに効果を発動するのでこのカードでコスト確保のサポートができます。
    Vを指定していないので、同じく双闘ができるシャドパラである「魔女」名称でも一応は使用できますが、コールするカードが「撃退者」に限定されており、「魔女」の側も「魔女」名称が必要なようなので活かすのは難しいでしょう。

    コール対象は特にこれといったものはありませんが、《撃退者 ダークボンド・トランペッター》をコールすればCB1消費しグレード0ですがさらにリアガードを増やすことができます。

    発動条件は双闘したらというのが条件です。
    退却コストを1枚分確保できるので、できるだけこのカードがある状態で双闘したいところです。

    スペリオルコールする能力としては珍しくCBコストを要求しません。
    《ブラスター・ダーク・撃退者》と《督戦の撃退者 ドリン》というお手軽CB回復手段があるとはいえ、ファントムブラスターAbyssを使用する構築ではAbyssではない《ブラスター・ダーク・撃退者》を入れるのは少々難しいので、CBコストを要求しないのは嬉しい所。

    《覇気の撃退者 コーマック》の双闘相手です。
    コーマックの効果は1枚退却で☆アップと、素早く双闘する動きと相性がよく、そのコストを確保できるこのカードは双闘相方としてだけじゃなくても相性がいいです。
    「撃退者」名称を持っているので多くのサポートカードと共有できます。双闘に関連する効果なので既存のカードとは合わせづらいですが。

    《覇気の撃退者 コーマック》
    双闘共通のコストで《闘気の撃退者 マックアート》を双闘する効果。
    Vにアタックした時、双闘しているならリアガード1枚を退却させることで☆+1する双闘スキル。
    自分の中央列に他のユニットがあればパワー+3kする能力。
    3つの能力を持っています。

    双闘した後のパワーは20k。3つ目の能力もあるので実質23kです。
    双闘スキルによって☆が増えるので、なるべく早めに双闘したいところです。

    双闘スキルは☆アップの効果。
    ☆2アタックによって、4点ノーガードを封じつつ、3点からクリティカルトリガーによる勝ちを狙うことができます。
    なるべく相手が3点ぐらいときに双闘したいところですね。

    双闘しているので、パワーも最低23k。適当にブーストすれば簡単に26k以上の火力を出すことが可能です。
    守護者以外でガードするには多くの枚数が必要になり、非常に強力なアタックとなります。

    コストはリアガード1枚の退却です。
    CBコストが必要ないのは嬉しい限り。パワーが上がりませんが、双闘とブーストで十分でしょう。
    リアガードの確保は、シャドパラは得意としているので上手く確保したいところです。相方であるマックアートの効果や、ダークボンド・トランペッター、タルトゥ、マナなどでしょうか。

    3つ目の能力はVアタック時、中央列に自分の他のユニットがあればパワー+3kされます。
    双闘していれば自動的に条件が満たされ23kとなり、単体火力としても申し分ないです。
    もちろん、双闘せずともブースト役がいれば発動するので7kブーストで21kになることが可能です。
    地味ながら不可欠な能力と言えます。

    名称に「撃退者」を持つのでそれらのサポートを共有できます。
    既存の「撃退者」は強力なものが揃っているので利用しない手はないです。エクストラブースターでの新規枠も期待できます。

    デメリット
    《闘気の撃退者 マックアート》
    強力な効果ですが、双闘したときという発動条件がネック。だからコストが必要ないのかもしれませんが。
    二度目を発動するには再双闘するしか、今のところはないですね。

    《覇気の撃退者 コーマック》
    特にデメリットはありません、強力なユニットだと思います。
    「双闘できるカード」という条件だと、このカードとファントム・ブラスター“Abyss”しか「撃退者」には存在しないので(今のところ)ファントム・ブラスターのサブV候補と言えるでしょう。
























    LBより双闘のほうが強いから今はサブVとして強いんじゃね
    スポンサーサイト
    [ 2014/05/26 23:59 ] 今日のカード | TB(0) | CM(2)

    最双闘→再双闘では?

    あいかわらず撃退者はヴァンガードで強い能力ちゃんと持ってるユニット多いですよね。
    [ 2014/05/27 00:18 ] [ 編集 ]

    >>影猫Sさん
    おぉ、漢字ミスお恥ずかしい、修正いたしました。
    コーマックで中盤よし、ファントム・ブラスターで詰めよし、ですね
    [ 2014/05/27 00:41 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://phan106.blog.fc2.com/tb.php/793-281d4a40








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。